滅菌器市場、2021年から2026年の間に約10%のCAGRで成長見込み

市場の概要

滅菌器の世界市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約10%のCAGRで成長すると予想されています。

滅菌器は、液体や物品の表面から細菌、ウイルス、真菌、胞子などの病原性微生物を除去するために、医療施設で使用されます。オートクレーブ装置、クリーンインプレイス(CIP)システム、紫外線(UV)チャンバー、蒸気、乾熱、液体化学プロセスなどに広く利用され、二次汚染のリスクを防ぎ、医療従事者や患者の安全を確保しています。最近では、さまざまな医療機器や器具がプラスチックのような熱に弱い素材を使って作られています。そのため、メーカーはこれらの機器を殺菌するために、オゾン、過酸化水素ガスプラズマ、エチレンオキサイド(EO)ガス、過酢酸浸漬などの低温殺菌システムを提供しています。

市場の動向

コロナウイルス(COVID-19)の大量感染による入院率の上昇により、世界中で重篤な患者をサポートするための人工呼吸器の必要性が高まっています。このことは、人工気道や体内回路からの感染につながる有害物質の混入を防ぐための滅菌器の需要に影響を与える重要な要因の一つとなっています。また、外科手術の増加も市場の成長に影響を与えています。さらに、各国の保健当局が医療施設における機器の滅菌に関して厳しい政策を導入していることも、市場の成長に貢献しています。加えて、食品・飲料業界では、容器やパッケージを殺菌するための滅菌器が普及しています。これは、多忙なライフスタイルや核家族化の進展によるパッケージ食品の需要拡大と相まって、市場を牽引するものと予想されています。

主要な市場区分

世界の滅菌器市場は、製品別、エンドユーザー別、地域別に分類されています。

製品別の市場区分

加熱滅菌器

・脱パイロジェンオーヴン

・スチームオートクレーブ

低温滅菌器

・エチレンオキシド系滅菌器

・過酸化水素滅菌器

・その他

滅菌用メンブレンフィルター

放射線滅菌器

・電子線

・ガンマ線

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院・診療所

・医療機器メーカー

・製薬会社

・食品・飲料メーカー

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の滅菌器市場における主要な企業としては、Belimed AG (Metall Zug)、Cantel Medical Corp、E-BEAM Services Inc、Fortive Corporation、Getinge AB、H.W.Andersen Products Ltd.、Matachana Group、MMM Group、Sotera Health Company、STERIS plc、Stryker Corporation、Systec GmbHなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]