固体酸化物形燃料電池市場、2021年から2026年にかけて約20%のCAGRで成長見込み

市場の概要

固体酸化物形燃料電池の世界市場は、2020年に6億2,600万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間、市場は約20%のCAGRで成長すると予想されています。

固体酸化物形燃料電池(SOFC)は、電気化学的な変換によって電気を作り出すエネルギー変換装置です。SOFCは、バイオガス、天然ガス、プロパン、水素、その他の酸化炭化水素など、さまざまなエネルギー源を用いて動作します。SOFCには一般的に、平面型と管状型があり、据置型と携帯型があります。 これらは、高温でイオンを伝導して電流を流すセラミック膜と、非多孔質で金属酸化物の電解質で構成されており、燃焼することなく化学エネルギーを熱エネルギーと電気に変換します。従来使用されてきたエネルギー源と比較して、SOFCは費用対効果が高く、持続可能な性質を持っています。

市場の動向

世界各国の電力・エネルギー産業の著しい成長は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。また、特に発展途上国では、クリーンエネルギーに対する需要が高まっており、これが市場の成長を後押ししています。SOFCは、電力システムに組み込まれ、様々な商業・産業用アプリケーションで継続的にエネルギーを生成します。さらに、エネルギーを大量に消費するデータセンターの運用にも広く利用されており、運用パフォーマンスの向上やデータのリアルタイムなバックアップを可能にしています。また、軍用アプリケーション向けのノイズレスでポータブルなSOFCの開発など、さまざまな製品イノベーションも市場成長を促す要因となっています。これらの革新的な製品は、無人航空機(UAV)、軍事用ロボット、通信機器の操作に広く使用されています。その他の要因としては、燃料電池プログラムにおける広範な研究開発(R&D)活動や、政府の有利な政策の実施などが、市場の成長を促進すると予想されています。

主要な市場区分

世界の固体酸化物形燃料電池市場は、アプリケーション、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

アプリケーション別の市場区分

・携帯型

・据置型

エンドユーザー別の市場区分

・商業

・データセンター

・軍事・防衛

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の固体酸化物形燃料電池市場における主要な企業としては、Adaptive Energy LLC、アイシン精機株式会社、ブルームエナジー、Convion Ltd.、Ercogen AS、富士電機株式会社、三菱重工業株式会社、POSCO Energy、SOLIDpower Group、Sunfire GmbH、Watt Fuel Cell Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]