食品保存料市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の食品保存料市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約4%のCAGRで成長すると予測されています。

食品保存料は、加工された食品や飲料に添加される化学物質で、有害な微生物の増殖や成分の酸化を抑制します。食品保存料は、劣化、腐敗、汚染の防止、食品の保存期間の延長、廃棄物の削減、安全性の確保、供給の強化などに役立ちます。保存料としては、砂糖、食塩、亜硝酸塩、食酢、クエン酸、プロピオン酸カルシウム、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)、ブチルヒドロキシルトルエン(BHT)、tert-ブチルヒドロキノン(TBHQ)などが一般的に使用されています。現在、食品保存料の使用は、各国の行政機関によって規制・監視されています。

市場の動向

健康と衛生基準の維持への関心の高まりにより、消費者の嗜好は衛生的に包装された強化食品へとシフトしています。これが、世界中のクラッカー、シリアル、パン、スナック、チーズ、ヨーグルト、惣菜、ソース、スープなどの加工品における食品保存料の需要を拡大させる主な要因となっています。さらに、急速な都市化、多忙なライフスタイル、一人当たりの所得の増加、核家族化などにより、準備や調理の時間が最小限で済む調理済み食品(RTE)の消費が促進されています。また、個人の健康志向の高まりが、有機保存料やクリーンラベル成分の需要を促進しています。有機保存料は、毒性がなく、水に溶けやすく、経済的で、食品の自然な色や風味、食感を保つのに役立ちます。また、腐敗を遅らせ、外観を向上させ、製品の栄養価と鮮度を維持します。さらに、ゲル化剤や調味料として、世界中の飲料や菓子類で需要が高まることが予想されます。

主要な市場区分

世界の食品保存料市場は、タイプ、機能、用途、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

自然

・食用油

・ローズマリー抽出物

・ナタマイシン

・ビネガー

・その他

合成

・プロピオン酸塩

・ソルビン酸塩

・安息香酸塩

・その他

機能別の市場区分

・抗菌剤

・酸化防止剤

・その他

用途別の市場区分

・食肉

・ベーカリー

・乳製品

・飲料

・スナック

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の食品保存料市場における主要な企業としては、Albemarle Corporation、Archer Daniels Midland Company、BASF SE、Cargill Incorporated、Celanese Corporation、Corbion N.V.、Dupont De Nemours Inc.、Galactic S.A.、Jungbunzlauer Suisse AG、Kemin Industries Inc.、Koninklijke DSM N.V.、Tate & Lyle PLCなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]