圧力センサー市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

圧力センサーの世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。圧力センサーは、気体や液体にかかる圧力を感知し、小さな電気出力信号に変換するための機器です。圧力センサーは、正確な結果を得るために、ひずみを検出するためのひずみゲージや、可変コンデンサーを生成するための感圧素子、キャビティ、ダイアフラムなど、さまざまな技術を使用しています。このセンサーは、世界中の製造施設で採用されているスチームシステムに幅広く使用されています。また、レベルセンサーとしても多くの工業プロセスで利用されています。さらに、警報システムや水位調節器、コーヒーメーカーなどの家電製品に組み込むことができるため、世界中で需要が拡大しています。

市場の動向

世界的なコロナウイルス(COVID-19)の感染拡大は、酸素濃度を監視するための医療用呼吸器の圧力センサーの必要性を高める最大の要因の一つとなっています。また、製造工程における自動化の流れは、ロボットや産業用油圧機器への圧力センサーの導入を促進しています。さらに、可処分所得の増加や都市化の進展により、冷蔵庫、洗濯機、テレビなどの家電製品の需要が高まっており、ホームオートメーション化の進展も市場の成長に寄与しています。また、これらのセンサーは、電気自動車(EV)に搭載され、ギアボックスやオイルの圧力をモニターすることができるため、世界的にEVの販売台数が増加していることも市場を牽引しています。さらに、大手企業は次世代製品の開発を進めており、オフロード建設、IoT(モノのインターネット)システム、農業用途などで圧力センサーの利用が拡大することが予想されます。

世界の圧力センサー市場は予測期間(2021~2026年)において、約6%のCAGRで成長すると予想されています。

主要な市場区分

世界の圧力センサー市場は、製品、タイプ、技術、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・絶対圧センサー

・差圧センサー

・ゲージ圧センサー

タイプ別の市場区分

・有線

・無線

技術別の市場区分

・ピエゾ抵抗式

・電磁式

・静電容量式

・共振型固体素子

・光学

・その他

アプリケーション別の市場区分

・自動車

・オイル&ガス

・エレクトロニクス

・医療機器

・産業機器

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の圧力センサー市場における主要な企業としては、ABB Ltd.、All Sensors Corporation (Amphenol)、Bosch Sensortec GmbH (Robert Bosch GmbH)、Endress+Hauser Group Services AG、Honeywell International Inc.、Infineon Technologies AG、Kistler Group、NXP Semiconductors N.V、Rockwell Automation Inc.、Sensata Technologies Inc.、Siemens AG、Texas Instruments Incorporatedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]