石油貯蔵市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の石油貯蔵市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。

石油貯蔵とは、石油やガスのサプライチェーンにおいて、処理された石油を地下または地上の施設に貯蔵するために使用されるタンクやターミナルに貯蔵することを指します。一般的に使用される石油貯蔵タンクには、オープントップ、固定ルーフ、フローティングルーフ、シングルスキン、ダブルスキン、バンドルタンクなどがあります。これらの石油貯蔵タンクは、通常、ステンレス、プラスチック、炭素鋼、鉄筋コンクリートなどの素材で製造され、ガソリン、航空燃料、ナフサ、液化石油ガス(LPG)、原油、ガソリン、ディーゼル、その他の派生物を貯蔵するタンクとして使用されます。そのため、輸送、自動車、オイル・ガスなど、さまざまな業界で幅広く使用されています。

市場の動向

世界的な石油・ガス産業の著しい成長は、市場成長の見通しを明るくする重要な要因の一つです。精製拠点や輸入・流通関連施設の巨大化に伴い、特に発展途上国では効率的な石油貯蔵施設の需要が高まっています。また、政府機関が大量の石油備蓄を維持し、安定したエネルギー供給を確保するために戦略的石油備蓄(SPR)を広く利用していることも、市場成長の後押しとなっています。オフショアやオンショアでの探鉱活動の活発化に伴い、石油貯蔵施設の需要も大幅に増加しています。さらに、より耐久性のあるスチールタンクを製造するための高度な技術を利用することで、貯蔵中のオイル漏れを防止し、最小限に抑えることが市場の成長に貢献しています。その他、有利な政府政策の実施や、国境を越えた石油取引活動などが市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の石油貯蔵市場は、材料、製品、用途、地域に基づいて分類されています。

材料別の市場区分

・スチール

・炭素鋼

・ガラス繊維強化プラスチック(FRP)

・その他

製品別の市場区分

・オープントップ

・固定ルーフ

・フローティングルーフ

・その他

用途別の市場区分

・原油

・中間留分

・ガソリン

・航空燃料

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の石油貯蔵市場における主要な企業としては、Buckeye Partners L.P.、CST Industries Inc.、Denali Incorporated (NOV Inc.)、Energy Transfer LP、LF Manufacturing、Ooltanking GmbH (Marquard & Bahls)、Royal Vopak N.V.、Shawcor Ltd.、Synalloy Corporation、Snyder Industries LLC、VTTI B.V.、Ziemann Holvrieka GmbHなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]