ミネラル化粧品市場、2021年から2026年にかけて4.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のミネラル化粧品市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は4.5%のCAGRで成長すると予測されています。

ミネラル化粧品は、鉄分、マイカ、酸化チタン、酸化亜鉛などの成分を使用しており、アレルギー発症のリスクを低減します。ミネラル化粧品には、抗酸化作用や炎症を抑える作用があり、ニキビを防ぎ、唇のひび割れを緩和し、小じわを目立たなくし、紫外線から肌を保護します。また、防腐剤、人工着色料、合成香料、オキシ塩化ビスマス、染料、パラベンなどは含まれていません。そのため、日焼け止めローション、ルースパウダーファンデーション、プライマー、マスカラなどのパーソナルケア製品やフェイシャルメイクアップ製品に広く使用されています。

市場の動向

化粧品に含まれる合成化学物質に対する懸念の高まりは、消費者の嗜好を天然由来のものへとシフトさせています。これに加えて、個人の身だしなみに対する意識が高まっていることも、市場の成長を促す大きな要因となっています。また、人工的な成分が環境に与える影響についての認識が高まっていることから、大手化粧品メーカーは製造工程において持続可能な原材料を採用するようになっています。さらに、ミネラル化粧品の軽い質感は、日常的な使用に適しており、肌に長時間保持しておくことができるため、他の化粧品よりも好まれるようになっています。ミネラル化粧品の需要が高まっているのは、その多機能性、軽さ、使いやすさにも起因しています。その他の要因としては、高齢化社会の到来と若くて健康的な肌への願望、イーコマースプラットフォームの台頭、多機能製品の人気の高まりなどが市場の成長に影響を与えると予想されます。

主要な市場区分

世界のミネラル化粧品市場は、製品、販売チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・フェイス製品

・リップ製品

・アイ製品

・その他

販売チャネル別の市場区分

・オフライン

・オンライン

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のミネラル化粧品市場における主要な企業としては、Ahava Dead Sea Laboratories、BASF SE、Clariant AG、Glo Skin Beauty、L’Oréal S.A、Merck KGaA、Mineralissima、Neelikon、Revlon、Shiseido Co.Ltd.、The Estée Lauder Companies Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]