自動車用熱シールド市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動車用熱シールドの世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。自動車用熱シールドとは、エンジンや排気システムから発生する過剰な熱から様々な自動車部品を保護するために使用される特別設計のシートを指します。自動車用熱シールドは、ボンネット内の温度を制御し、車内の温度環境を最適に保つことで、エンジンの出力を向上させるために不可欠な役割を果たします。現在、自動車用熱シールドには、アルミニウム、ナイロン、セラミックなどの金属材料と非金属材料が使用されています。近年、自動車用熱シールドは、費用対効果が高く、取り付けが容易であることや、メーカーによるカスタマイズやオーダーメイドが可能であることから、人気を集めています。

市場の動向

世界の自動車用熱シールド市場は、主に自動車の生産台数の増加によって牽引されています。また、電子商取引の拡大に伴い、商用車の需要も高まっており、自動車用熱シールドのニーズが高まっています。このほか、スパークイグニッションエンジンやコンプレッションイグニッションエンジンにターボチャージャーやスーパーチャージャーを搭載するなどの技術的進歩も市場の成長を促進しています。また、自動車メーカーの軽量化志向の高まりを受けて、大手メーカーは軽量の熱シールド材を開発しています。また、製品の耐久性や難燃性を向上させるために、金属複合材やメタ系アラミド素材などの革新的な素材を採用しています。また、生産技術の向上により、熱シールドの省スペース化も進んでいます。さらに、電気自動車やハイブリッド車(EV/HEV)の需要の高まりに伴い、EV/HEVに採用されているリチウムイオン電池が大量の熱を発生するため、熱シールドの使用が増加しています。今後、自動車用熱シールドの世界市場は、2021年から2026年までの予測期間に約4%のCAGRで成長すると予想されています。

主要な市場区分

世界の自動車用熱シールド市場は、素材、製品、用途、車両タイプに基づいて分類されています。

素材別の市場区分

・金属

・非金属

製品別の市場区分

・シングルシェル

・ダブルシェル

・サンドイッチタイプ

用途別の市場区分

・排気システム

・ターボチャージャー

・ボンネット内

・エンジンコンパートメント

・シャーシ下

・その他

車両タイプ別の市場区分

・乗用車

・商用車

・その他

市場の競合状況

世界の自動車用熱シールド市場における主要な企業としては、Autoneum、Carcoustics(Liaoning Dare Industrial Company Ltd.)、Dana Incorporated、DuPont de Nemours Inc、ElringKlinger AG、HAPPICH GmbH(Pelzer Acoustic Products GmbH)、Lydall Inc、Morgan Advanced Materials Plc、NICHIAS Corporation、Talbros Automotive Components Ltd.、Tenneco Inc、Zircotecなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]