機能性成分市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

世界の機能性成分市場は、2015-2020年に約6%のCAGRで成長しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

機能性成分とは、様々な健康効果をもたらすために使用される生物活性化合物です。機能性成分には、エネルギーレベル、消化力、集中力、記憶力、視力を向上させるために食品や飲料に添加される栄養強化成分が含まれます。一般的に使用される機能性成分には、タンパク質、ビタミン、プロバイオティクス、プレバイオティクス、オメガ3、ハイドロコロイドなどがあります。これらの成分は、牛乳、パン、パスタ、シリアル、グラノーラ、チーズ、ヨーグルト、お茶、コーヒーなどに添加されます。これらの成分は、栄養不足を防ぎ、子供や大人の最適な成長を促進し、病気になるリスクを最小限に抑えることができます。

市場の動向

世界的な食品・飲料業界の成長は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。さらに、国民の健康意識の高まりと、機能性食品の普及も市場成長の原動力となっています。座りっぱなしの生活や多忙なスケジュールのため、様々な病気が増加しています。そのため、栄養価の高い食事をとるために、機能性成分を強化した食品が好まれるようになってきました。さらに、より多くの消費者にリーチするために、様々な食品・飲料メーカーがソーシャルメディアを利用した積極的なプロモーション活動を行っていることも、成長を促す要因となっています。また、著名人やスポーツ選手とのコラボレーションにより、消費者、特にミレニアル世代への認知度向上を図っています。その他の要因としては、消費者の医療費支出の増加や、広範な研究開発(R&D)活動などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の機能性成分市場は、タイプ、ソース、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・プロバイオティクス

・タンパク質とアミノ酸

・オメガ3およびオメガ6脂肪酸

・ビタミン・ミネラル

・プレバイオティクス

・植物抽出物

・その他

ソース別の市場区分

・天然

・合成

アプリケーション別の市場区分

・食品と飲料

・パーソナルケア

・医薬品

・動物飼料

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の機能性成分市場における主要な企業としては、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド・カンパニー、アーラ・フーズ・アンバ、BASF SE、カーギル・インコーポレーテッド、クリス・ハンセン・ホールディングA/S、ゴールデン・グレイン・グループ・リミテッド、イングレディオン・インコーポレーテッド、Koninklijke DSM N.V.、ニュートリバイオティック、オメガ・プロテイン・コーポレーション(クック・インク)、ロケット・フレール、テート・アンド・ライル・ピーエルシーなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]