ヴィーガンチーズ市場、2021年から2026年の間に力強い成長見込み

市場の概要

世界のヴィーガンチーズ市場は、2015年から2020年にかけて約12%のCAGRで成長しました。今後、2021年から2026年の間に市場は力強い成長を遂げると予想されています。

ヴィーガンチーズは、乳製品に代わるチーズで、ナッツ類、大豆たんぱく質、栄養酵母、天然酵素、植物性グリセリン、各種細菌培養物などの植物性原料を使用して製造されます。これにオイル、スターチ、乳化剤、増粘剤、スパイスなどを加えて、しっかりとした固さを出し、乳製品のチーズに似た風味を出しています。最近では、大手メーカーが、消費者層を拡大するために、アロールート、タピオカ粉、エンドウタンパク、カラギーナン、キサンタンガム、増粘剤の寒天フレークを使用して、ヴィーガンチーズのフレーバーを革新しています。

市場の動向

ヴィーガンチーズは一般的に、通常のチーズよりもグルテンフリーで低脂肪です。グルテンフリーや植物由来の食生活の大幅な増加に加えて、すぐに食べられる(RTE)パッケージのヴィーガン食品・飲料の人気が高まっていることが、市場成長を促進する重要な要因となっています。また、大手企業は、シュレッドチーズ、クリームチーズ、ブロックチーズ、スライスチーズ、ソフトチーズ、パルメザンチーズ、ディップチーズなど、さまざまなベース、テクスチャー、フレーバー、形態のヴィーガンチーズを発売しています。例えば、Boursin(Bel Brands USA)は2020年10月にAmazon Freshで乳製品を含まないガーリックとハーブのチーズスプレッドを発売しました。さらに、これらのプレイヤーは、食物繊維、健康的な脂肪、重要な微量栄養素を多く含む、最小限の加工を施した製品のバリエーションを導入しています。また、ファーストフード店と提携し、ヴィーガンチーズを使用したピザ、クリームチーズ、チーズケーキなどの製品を提供しています。その他の要因としては、乳糖不耐症の患者数の増加や、乳製品を使わない製品の需要増加などが、市場をさらに押し上げると予想されています。

主要な市場区分

世界のヴィーガンチーズ市場は、製品タイプ、ソース、流通チャネル、アプリケーションに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・モッツァレラ

・チェダー

・パルメザン

・リコッタ

・クリーム

・その他

ソース別の市場区分

・大豆

・アーモンド

・ココナッツ

・カシューナッツ

・その他

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・オンラインストア

・その他

アプリケーション別の市場区分

・家庭

・食品加工

・外食産業

・その他

市場の競合状況

世界のヴィーガンチーズ市場における主要な企業としては、Daiya Foods Inc.、Dr-Cow Tree Nut Cheese、Galaxy Nutritional Foods Inc. (Greenspace Brands Inc.)、Good Planet Foods LLC、Kite Hill、Miyoko’s Creamery、Parmela Creamery、Tofutti Brands Inc.、Tyne Chease Limited、Violife Foods、Vtopian Artisan Cheesesなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]