プロバイオティクス飲料市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

世界のプロバイオティクス飲料市場は、2015年から2020年にかけて約6%のCAGRで成長しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

プロバイオティクス飲料とは、人間の健康に有益な特定の微生物で構成された機能性飲料のことを指します。プロバイオティクス飲料は、バクテリアと酵母のプロバイオティクス培養物に、水、砂糖、ハーブや果物の抽出物を加え、バイオ発酵させて製造されます。プロバイオティクスは、添加された糖分を吸収することで増殖し、増殖のピークに達すると停止します。これらの微生物は、腸内の生物の自然なバランスを維持することで腸全体の健康を促進し、免疫力の向上にも役立ちます。これ以外にも、プロバイオティクス飲料を定期的に摂取することで、効果的な栄養吸収や、下痢、便秘、過敏性腸症候群(IBS)などの胃腸障害(GI)の予防・治療が促進されます。

市場の動向

大衆の健康意識の高まりとともに、胃腸障害の有病率が増加していることは、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。消費者の嗜好は、炭酸飲料から、栄養価が高く低カロリーのレディ・トゥ・ドリンク(RTD)機能性飲料やプロバイオティクス飲料へとシフトしています。これに伴い、コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、免疫力を高め、プロバイオティクスを強化した栄養補助食品や機能性食品の需要が高まっていることも、市場の成長に寄与しています。さらに、エキゾチックなフレーバーや魅力的なパッケージのプロバイオティクス飲料の販売など、さまざまな製品イノベーションも市場成長を促す要因となっています。また、製品メーカーは、オンライン販売やeコマースのプラットフォームを利用した積極的なプロモーション活動を展開しており、これが市場の成長を後押ししています。その他の要因としては、消費者の医療費が増加していることや、研究開発(R&D)が活発であることなどが挙げられ、市場のさらなる拡大が期待されます。

主要な市場区分

世界のプロバイオティクス飲料市場は、製品、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・乳製品ベース

・植物性

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・薬局・ドラッグストア

・オンラインストア

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のプロバイオティクス飲料市場における主要な企業としては、Amul (GCMMF)、Bio-K Plus International Inc.、Chobani LLC、Danone S.A.、Fonterra Co-operative Group、Harmless Harvest Inc.、Kevita Inc. (Pepsico Inc.)、Lifeway Foods Inc.、Nestle SA、NextFoods、Yakult Honsha Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]