杭打ち機市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

世界の杭打ち機市場は、2015年から2020年にかけて約5%のCAGRで成長しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

杭打ち機とは、建築物を支えるための杭や柱を地面に打ち込むための機械装置です。一般的には、シルト質の粘土や砂地の掘削に使用され、インパクトハンマーと、スチール、木材、鉄筋コンクリートで製造された長尺の円柱状の伸縮可能な部品(パイル)を備えています。オーガーボーリング、ドリルドパーカッション、インパクトドライブ、ロータリーボーリングパイルを行うことができます。この機械は、橋梁、水槽、基礎補強、住宅や商業施設のダイヤフラムウォールなどの建設に広く使用されています。また、人口密度の高い地域では、振動や粉塵の拡散を最小限に抑えて土壌を掘削・穿孔するためにも使用されています。

市場の動向

世界的に建設業界が大きく成長していることが、市場の見通しを明るくする主な要因の一つです。また、地盤の緩い場所に風力タービンを設置するための杭打ち機の普及も、市場の成長を後押ししています。先進国および新興国の政府は、発電量の向上を目的とした洋上風力発電の設置を推進しており、それに伴って水中での杭打ち作業に杭打ち機を使用するケースが増えています。さらに、低騒音・低排出ガスの機械の開発など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促す要因となっています。また、機器メーカーは、環境への悪影響を軽減するために、ディーゼルハンマーを油圧式のものに置き換えています。その他の要因としては、大規模なインフラ開発や、金属鉱業の著しい成長などがあり、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の杭打ち機市場は、製品、杭打ち方法、用途、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・インパクトハンマー

・バイブレーションドライバー

・パイルリグ

・その他

杭打ち方法別の市場区分

・衝撃式

・ドリルパーカッシブ

・ロータリーボア

・オーガーボアリング

・その他

用途別の市場区分

・土木

・石油・ガス

・産業建設

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の杭打ち機市場における主要な企業としては、ABI GmbH、BAUER AG、BSP International Foundations Ltd.、Casagrande S.p.a、Dawson Construction Plant Ltd.、Epiroc AB、IHC IQIP B.V.、International Construction Equipment、Junttan Oy (Sinituote Oy)、MKT Manufacturing Inc.、Sany Group、TONTI TRADING S.R.L.、WATSON DRILL RIG、XCMG Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]