スクワレン市場、2021年から2026年にかけて約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

スクワレンの世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。スクワレンは、オリーブ、パーム油、小麦胚芽などの植物やサメの肝油などから得られる天然由来の不飽和液体炭化水素を指します。コレステロールの生合成の中間体として使用されており、酵母を用いて人工的に合成することも可能です。スクワレンは、健康食品、ワクチン、化粧品、パーソナルケア製品、栄養補助食品、高級機械用潤滑油などの製造に広く利用されています。スクワレンは、化学的予防剤や抗酸化剤として作用し、免疫系の回復や皮膚細胞のコラーゲンの生成を助けます。

市場の動向

世界的に化粧品業界が大きく成長していることも、この市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。スクワレンは、皮膚に瞬時に吸収され、クレンジングや保湿成分として、クリーム、ローション、口紅、バスオイル、ヘアコンディショナー、ファンデーションなど、さまざまなスキンケア製品に広く使用されています。また、大衆の間で栄養補助食品の需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。スクワレンのサプリメントを定期的に摂取することで、関節炎や喘息、乾癬などの予防に役立ちます。さらに、持続可能で高度なオイル抽出法の利用や、天然・有機成分を用いたスクワレンの製造など、さまざまな製品イノベーションも成長を促す要因となっています。また、製品メーカーは、より多くの消費者を獲得するために、ソーシャルメディアプラットフォームやオンライン販売チャネルを通じた積極的なプロモーション戦略を展開しています。その他の要因としては、消費者の購買力の向上や、バイオテクノロジー分野での広範な研究開発活動などがあり、市場をさらに牽引すると予想されます。今後、2021年から2026年にかけて、世界のスクワレン市場は約7%のCAGRで成長すると予想されています。

主要な市場区分

世界のスクワレン市場は、ソースタイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

ソースタイプ別の市場区分

・動物性

・植物性

・合成

アプリケーション別の市場区分

・化粧品

・食品

・医薬品

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のスクワレン市場における主要な企業としては、Amyris Inc.、Arbee Agencies、Arista Industries Inc.、Empresa Figueirense De Pesca Lda、Gracefruit Limited、Kishimoto Special Liver Oil、Maruha Nichiro Corporation、Nucelis Inc. (シバス株式会社)、SeaDragon Marine Oils Limitedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]