獣医参照検査室市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

獣医参照検査室の世界市場は、2015年から2020年にかけて約6%のCAGRで成長しました。獣医参照検査室は、ペットや家畜動物の人獣共通感染症の診断に使用される民間の商業施設です。ブルセラ症、結核、炭疽病、黄熱病、狂犬病、麻疹、その他の疾患を特定するために、動物を対象とした日常的な検査や特殊な検査を行うための施設です。また、健康診断や麻酔前の評価、治療効果のモニタリングにも使用されています。定期的な検査は、動物の健康を守り、深刻な人獣共通感染症の蔓延を防ぎます。また、免疫診断、血液学、分子診断を用いて技術的・科学的な支援を行い、臨床病理学、細菌学、毒物学、ウイルス学、妊娠検査などに広く利用されています。

市場の動向

人獣共通感染症や国境を越えた動物の病気(TAD)が世界的に増加していることは、市場の成長を促す重要な要因の一つです。また、ペットの飼育数が大幅に増加し、ペットへの嗜好が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に広がり続けていることから、動物病院の基準検査室では、動物におけるウイルスやその他の病原体の影響を分析するためのPCR検査の需要が大幅に増加しています。さらに、革新的な迅速検査法やPOC(Point of Care)検査用のポータブル機器の開発など、さまざまな技術的進歩も市場成長の促進要因となっています。これらの技術は、動物の毒物源のタイムリーな診断、同定、管理に役立ちます。その他の要因としては、消費者の動物医療費の増加や、獣医学の分野における大規模な研究開発活動などがあり、市場をさらに押し上げると予想されます。世界の獣医参照検査室市場は、今後5年間で緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

世界の獣医参照検査室市場は、技術、用途、動物の種類に基づいて分類されています。

技術別の市場区分

臨床化学

血液学

免疫診断

・ELISA

・ラテラルフロー迅速検査

・その他

分子診断薬

・PCR

・マイクロアッセイ

・その他

その他

用途別の市場区分

・臨床病理学

・毒性学

・生産性試験

・その他

動物の種類別の市場区分

・家畜

・ペット

市場の競合状況

世界の獣医参照検査室市場における主要な企業としては、Boehringer Ingelheim GmbH、IDEXX Laboratories Inc.、Neogen Corporation、Phoenix Central Laboratory for Veterinarians Inc. (Zoetis Inc.), ProtaTek International Inc. (Pharmgate LLC)、ロイヤルGD、Texas A&M Veterinary Medical Diagnostic Laboratory、VCA Inc. (Mars Incorporated)、Virbac Animal Health India Private Limitedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]