自己修復コンクリート市場、2021年から2026年の間に約33%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の自己修復コンクリート市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約33%のCAGRで成長すると予想されています。

自己修復コンクリートとは、ひび割れや損傷を自動的に修復することができる合成建築材料のことです。このコンクリートは、石灰石を生成するバクテリアで構成されており、水や空気と接触するとゲル状に膨張して隙間を埋めます。このコンクリートがひび割れを塞ぎ、外部からの衝撃から鉄骨を守り、腐食のリスクを最小限に抑えます。このコンクリートには一般的に、自己修復型と自律型があります。自己修復型は水分を用いて治癒するのに対し、自律型は治癒剤やバクテリアの胞子が入ったカプセルを使用します。そのため、住宅、商業施設、工業施設、土木施設などの建設に幅広く利用されています。

市場の動向

世界的に建設産業が大きく成長していることが、この市場の見通しを良くしている主な要因の一つです。また、環境に優しく、信頼性が高く、耐久性のある建築物への需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、最新の建築物の建設に血管型の修復技術が広く採用されていることも、市場の成長に貢献しています。この技術は、自己修復機能を持つコンクリートを含む一連のチューブをネットワーク状にして壁に通し、建物を補強するものです。また、カプセル型の自己修復コンクリートの開発など、さまざまな製品イノベーションも市場の成長を促す要因となっています。これらのカプセルは、利便性が高く、透過性があり、大規模なアプリケーションに適した費用対効果を備えています。その他の要因としては、有利な政府政策の実施や、特に発展途上国における大規模なインフラ開発などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の自己修復コンクリート市場は、形態、用途、地域に基づいて分類されています。

形態別の市場区分

・内在型

・カプセル型

・血管型

用途別の市場区分

・住宅用

・工業用

・商業用

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の自己修復コンクリート市場における主要な企業としては、BASF SE、Basilisk、CEMEX S.A.B. de C.V.、GCP Applied Technologies Inc.、Hycrete Inc. (Broadview Technologies Inc.), Kryton International Inc., Oscrete (Christeyns UK Ltd.), Penetron, RPM International Inc., Sika AG, Xypex Chemical Corporation.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]