熱成形包装市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

世界の熱成形包装市場は、2015年から2020年にかけて約5%のCAGRで成長しました。熱成形とは、さまざまなパッケージ製品の製造に役立つプラスチック成形技術のことです。熱成形は、硬質プラスチックやその他の特殊素材を加熱して、操作しやすくする技術です。熱成形は、真空成形と圧力成形に分けられます。真空成形では、プラスチックシートを加熱し、金型の上に置いて真空状態にして目的の形状にします。一方、圧力成形では、圧力をかけて細部の質感を高めます。熱成形は、さまざまな包装部品や製品の製造に利用されています。これらの製品には、医薬品やOTC(Over-the-Counter)医薬品のブリスターパックなどの単位用量包装、健康や美容アイテムのクラムシェル包装、食品用プラスチックトレイなどがあります。熱成形は、ダイナミックな要求に対応できること、低コストであること、大規模なカスタマイズが可能であることなど、さまざまな利点があります。また、納期が早いため、急な注文にも対応できるというメリットもあります。

市場の動向

熱成形包装市場の成長を促進する主な要因の一つは、食品・飲料業界での使用が増加していることです。熱成形パッケージングソリューションには、製品の保存期間の延長、製品の視認性の向上、外的要因からの製品の保護など、さまざまな利点があります。その結果、このタイプの包装は、野菜、チーズ、肉、焼き菓子などに使用されることが多くなっています。また、熱成形包装の費用対効果の高さや、持続可能なパッケージングソリューションの開発が重要視されていることも、市場の成長に貢献しています。その他の要因としては、製造プロセスにおける技術的進歩や、製薬業界における熱成形パッケージングソリューションの普及などがあり、市場の見通しは明るいものになると予想されます。世界の熱成形包装市場は、今後5年間で緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

世界の熱成形包装市場は、素材、製品、最終用途、地域に基づいて分類されています。

素材別の市場区分

・PET

・PVC

・PS

・PP

・PE

・その他

製品別の市場区分

・ブリスター包装

・クラムシェル包装

・スキン包装

・トレイと蓋

・容器

・その他

最終用途別の市場区分

・食品・飲料

・パーソナルケア・化粧品

・医薬品

・エレクトロニクス製品

・ホームケア製品

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の熱成形包装市場における主要な企業としては、Amcor Plc、Anchor Packaging LLC(Hermann Companies Inc.)、Archer-Daniels-Midland Company、BASF SE、D&W Fine Pack Holdings LLC、Dart Container Corporation、Display Pack Inc.、DS Smith Plc、Huhtamäki Oyj、Pactiv LLC、Placon Corporation、Sonoco Products Company、Tekni-plex Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]