熱傷治療市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

世界の熱傷治療市場は、2015年から2020年にかけて約6%のCAGRで成長しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

熱傷治療とは、重度の熱傷を負った患者の治療と回復を意味します。熱傷治療の専門家は、患者の包括的なケアに必要な幅広いスキルと知識を持つ医療専門家のチームです。熱傷外科医、麻酔科医、看護師、呼吸療法士、形成外科医、栄養士、心理社会的専門家などで構成されるこのチームは、熱傷の重症度と長期にわたる治療の必要性を理解し、患者の生活の質を高めるために、患者を中心としたアプローチを行います。さらに、心理的、情緒的、生理的な回復やリハビリテーションを含む総合的なケアを患者に提供しています。

市場の動向

この市場を牽引しているのは、主に熱傷の発生件数の増加です。皮膚の表皮と真皮層の一部に影響を及ぼす部分的な厚さ(第2度)の熱傷の症例が大幅に増加しています。この種の熱傷は非常に痛みを伴い、熱傷治療センターでは痛みの管理が治療計画の重要な要素となるため、迅速な対応が必要となります。これらの集中治療室は、熱傷の痕を徐々に消していくための効果的な治療を提供する役割も担っており、事故後の支援策として熱傷患者の間で紹介されることが多くなっています。また、多くの国の政府が、熱傷治療センターや治療法に関する認識を広めるための取り組みを行っています。さらに、重度の熱傷の治療に生物学的製剤を使用する傾向が高まっていることも市場の成長要因となっています。生物学的製剤には、活性の生物学的製剤や分子に加えて、皮膚移植や組織工学的な製品など、皮膚の機能や形態を効果的に代替することで知られている創被覆材の使用が含まれます。これらの治療法の成功率は高く、期待通りの結果が得られるため、市場の見通しは良好です。

主要な市場区分

世界の熱傷治療市場は、施設タイプ、治療タイプ、重症度、サービスタイプに基づいて分類されています。

施設タイプ別の市場区分

・施設内

・独立型

治療タイプ別の市場区分

・傷口の剥離

・植皮

・牽引、スプリント、創傷ケア

・呼吸器の挿管と人工呼吸

・OTC鎮痛剤と包帯

・輸血

・予防接種

・リハビリテーション

重症度別の市場区分

・軽度の熱傷

・部分的な厚さの熱傷

・全身の熱傷

サービスタイプ別の市場区分

・入院

・外来

・リハビリテーション

市場の競合状況

世界の熱傷治療市場における主要な企業としては、Burn and Reconstructive Centers of America、Chelsea & Westminster Hospital、National Burn Center (India)、North Bristol NHS Trust、Pediatric Burn Care Center (The General Hospital Corporation)、The MetroHealth System、University of Rochester Medical Center、University of Washingtonなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]