規制関連業務アウトソーシング市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

世界の規制関連業務アウトソーシング市場は、2015年から2020年にかけて約10%のCAGRで成長しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は力強い成長を示すと予想されています。

規制関連業務のアウトソーシングとは、国民の健康と安全を確保するために、政府機関や民間組織がサードパーティのサービスを採用することを指します。このサービスには、ジェネリック医薬品、新薬、生物学的製剤、バイオシミラーなどの規制要件の管理が含まれます。アウトソーシング機関は、製品の安全性と有効性を管理し、消費者にとって安全な製品であることを保証します。これらのサービスは、臨床試験や特許申請、薬事申請書の作成と発行、製品登録、法定代理などに必要です。また、製薬会社は、様々な地域で政府の承認を迅速に得るために、これらのサービスを選択します。

市場の動向

世界各国の製薬・バイオテクノロジー産業の著しい成長は、市場の見通しを明るくする重要な要因の一つです。また、製薬企業が新興国での事業や供給の拡大を重視していることも、市場の成長を後押ししています。薬事関連業務をアウトソーシングすることで、施設、トレーニング、技術、専門知識、地理的規制など、社内リソースの管理にかかるコストを最小限に抑えることができます。さらに、薬事関連業務のアウトソーシングサービスは、バイオシミラー医薬品、オーファン医薬品、ジェネリック医薬品の開発にも広く利用されており、これも市場拡大の大きな要因となっています。ライフサイエンス企業は、非中核機能や薬事サービスをアウトソーシングして、全体的な業務効率を高める傾向にあり、それが市場の成長につながっています。その他の要因としては、医療インフラの大幅な改善や大規模な研究開発活動などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の規制関連業務アウトソーシング市場は、サービス、企業規模、カテゴリー、適応症、ステージ、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

サービス別の市場区分

・規制コンサルティング

・法定代理業務

・規制の執筆および出版

・製品登録および臨床試験の申請

・その他

企業規模別の市場区分

・小規模

・中規模

・大規模

カテゴリー別の市場区分

・ジェネリック医薬品

・イノベーター医薬品

・生物学的医薬品

・バイオシミラー

・医療機器

・治療薬

・診断薬

・その他

適応症別の市場区分

・腫瘍学

・神経学

・循環器領域

・免疫学

・その他

ステージ別の市場区分

・前臨床

・臨床

・PMA (Post Market Authorization)

エンドユーザー別の市場区分

・医療機器メーカー

・製薬会社

・バイオテクノロジー企業

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合環境

世界の規制関連業務アウトソーシング市場における主要な企業としては、Charles River Laboratories International, Inc.、Covance Inc (Laboratory Corporation of America Holdings)、Freyr、ICON Plc、Medpace Holdings Inc.、Parexel International Corporation、Pharmaceutical Product Development LLC、Promedica International- A California Corporation、Wuxi AppTec Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]