子宮頸がん診断市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

世界の子宮頸がん診断市場は、2015年から2020年の間に約7%のCAGRで成長しました。今後、2021年から2026年の間、市場は緩やかな成長を続けると予想されています。

子宮頸がんの診断は、ヒトパピローマウイルス(HPV)の異常な細胞や株を評価するための一連の高度な臨床検査、ツール、手順に依存しています。これらの検査は、コニゼーション、パンチバイオプシー、子宮頸部内掻爬術、コルポスコピーでの子宮頸部の精密検査のための電気ワイヤーループなどで得られた組織のサンプルを採取して行われます。発見後は、血液検査、胸部X線検査、体部CT検査、MRI検査、PET検査、膀胱や直腸の視診などの検査を行い、病期を判定します。

市場の成長要因

梅毒、クラミジア、淋病、後天性免疫不全症候群(HIV/AIDS)などの性感染症(STI)と診断される人の数が大幅に増加していることから、世界的にHPVの感染リスクが高まっています。また、喫煙者の増加に伴い、子宮頸がんになる可能性が高くなっていることも、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。さらに、早期診断に対する意識の高まりが、迅速かつ正確な検査結果を提供するHPV家庭用検査キットの導入を促しています。また、有利な償還政策の存在も市場の成長を支えています。また、個人に合わせた治療プランを求める傾向が強まっていることも、子宮頸がん診断薬の需要を高めています。さらに、手術、放射線治療、化学療法、コーンバイオプシー、免疫療法、気管切除など、さまざまな治療法があることも市場の成長に貢献しています。さらに、低コストで効率的な検査製品の開発が重視されるようになったことも、市場の成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分

世界の子宮頸がん診断市場は、検査タイプと年齢層に基づいて分類されています。

検査タイプ別の市場構成

・パップテスト

・HPV検査

・子宮頸部生検

・コルポスコピー

・その他

年齢層別の市場構成

・20~35歳

・36歳以上

市場の競合状況

世界の子宮頸がん診断市場における主要な企業としては、アボット・ラボラトリーズ、アーバー・ヴィータ・コーポレーション、ベクトン・ディッキンソン・アンド・カンパニー、クーパー・サージカル・インク、エフ・ホフマン・ラ・ロシュAG、ガイデッド・セラピューティクス・インク、ホロジック・インク、キアゲン、クエスト・ダイアグノスティックス・インコーポレーテッド、シーメンス・ヘルスケアなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]