マシンツーマシン(M2M)接続市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

世界のマシンツーマシン(M2M)接続市場は、2015年から2020年にかけて約5%のCAGRで成長しました。マシンツーマシン(M2M)接続は、技術的なデバイス間のデータや情報の交換を、最小限の手動操作で自動化するものです。これらの接続は、データエンドポイント(DEP)、通信ネットワーク、データ統合ポイント(DIP)を介して行われ、データ転送のスケジューリングをサポートします。また、遠隔地にある機器やデバイスの監視、制御、管理、保守問題への対応、機能回復、コスト削減などにも役立ちます。また、IoT(Internet of Things)技術と組み合わせることで、様々な産業分野に対応することができます。

市場の動向

インターネット技術の進歩と産業オートメーションの普及により、さまざまな組織で接続機器の利用が拡大しています。このことは、市場の成長を促す重要な要因の一つとなっています。また、エネルギー管理や停電防止への関心の高まりにより、ガス、水道、電力メーターなどのスマート計測機器の導入が進んでいます。これらの需要は、各国政府によるスマートシティ開発への投資の増加にも支えられており、それが市場の成長に寄与しています。さらに、M2M接続は、患者の遠隔監視を可能にし、医療費を削減し、医療提供の質、効率、柔軟性を向上させるe-ヘルスソリューションにも応用されています。このほか、自律走行車やスマートホームの普及が市場にプラスの影響を与えています。また、オンラインマーケティングの重要性の高まりや、ユビキタス接続のトレンドによる第5世代(5G)キャピラリーネットワークの世界的な展開なども、市場を牽引する要因として期待されています。世界のマシンツーマシン(M2M)接続市場は、今後5年間、緩やかな成長を続けると予想されています。

主要な市場区分

世界のマシンツーマシン(M2M)コネクション市場は、接続タイプ、技術、最終使用産業、地域に基づいて分類されています。

接続タイプ別の市場区分

・有線

・ワイヤレス

技術別の市場区分

・シリアル接続

・電力線接続

・セルラー

・Wi-Fi

・ブルートゥース

・その他

最終使用産業別の市場区分

・自動車

・ヘルスケア

・コンシューマーエレクトロニクス

・輸送機器

・ユーティリティー

・小売業

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のマシンツーマシン(M2M)コネクション市場における主要な企業としては、AT&T, Cisco Systems, Deutsche Telekom AG, Huawei Technologies Co., Intel Corporation, Murata Manufacturing Co. Ltd.、NXP Semiconductors N.V.、Telefonica S.A.、Texas Instruments Incorporated、U-Blox Holding AG、Verizon Communication Inc.、Vodafone Group Plc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]