軍用機近代化・レトロフィット市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

世界の軍用機近代化・レトロフィット市場は、2015年から2020年にかけて約4%のCAGRで成長しました。軍用機の近代化およびレトロフィットは、デジタルコックピット、武器、ミッション、防御システムを備えた既存の航空機の開発と改造を支援することです。また、能力の向上、耐用年数の延長、定期的なメンテナンス作業、アビオニクスシステムのアップグレード、機械的問題のトラブルシューティングなどを行います。現在、多くの企業が、電子戦、オプトロニクス、通信、攻撃システム、火器管制レーダー、無線ナビゲーションおよび識別システム、コックピットディスプレイシステム、ヘルメットマウントサイト、アビオニクススイート、発電など、高度な戦闘機のための革新的なサポートおよびサービスを提供しています。

市場の動向

地政学的緊張の高まりにより、各国の政府機関は、現代の戦場で戦略的優位性を維持するために、既存の軍用機を高度なシステムや部品でアップグレードしています。このことは、市場の成長にプラスの影響を与える重要な要因の一つです。さらに、戦闘機の普及に伴い、軍用機の近代化やレトロフィットの需要が高まっています。これは、軍用機に防御機構や装備を導入し、空中戦や監視能力を強化するためのものです。これとは別に、市場のプレーヤーは、航空機の速度、破壊力、パワー、ステルス性能を向上させるために研究開発(R&D)活動に投資しており、極端な気象条件の下でパイロットを助けるために自動操縦着陸システムを導入しています。また、状況認識能力を向上させ、パイロットの負担を軽減するために、通信・航法・監視(CNS)システムの強化も行っています。これにより、メーカーは今後数年間で消費者層を拡大するための有利な機会を得ることができると予想されます。軍用機近代化・レトロフィットの世界市場は、今後5年間で緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

世界の軍用機近代化・レトロフィット市場は、航空機タイプ、システムタイプ、地域に基づいて分類されています。

航空機タイプ別の市場区分

・固定翼機

・回転翼機

システムタイプ別の市場区分

・ナビゲーションシステム

・ウェポンシステム

・ヘッドアップディスプレイ

・オプトロニクス機器

・射撃管制レーダー

・防御システム

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況 世界の軍用機近代化・レトロフィット市場における主要な企業としては、BAE Systems Plc、Elbit Systems Ltd.、Honeywell International Inc.、Israel Aerospace Industries Ltd.、L3Harris Technologies Inc.、Leonardo S.p.A.、Lockheed Martin Corporation、Northrop Grumman Corporation、Safran SA、Thales Group、The Boeing Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]