自律走行車市場、2021年から2026年の間に約28%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の自律走行車市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を遂げました。今後、市場は2021年から2026年の間に約28%のCAGRで成長すると予想されています。

自律走行車(AV)または無人運転車とは、人間が介在しなくても独立して運転できる自動車のことです。自律走行車は、優れたプログラムや内蔵プログラムにより、外部の状況や周囲の環境を感知して必要な機能を果たすことができます。高度なセンサー技術、先進運転支援システム(ADAS)、複雑なアルゴリズム・プロセッサー、スマート・コントロール・システム、アクチュエーターなどで構成され、情報を収集し、ステアリング、ブレーキ、アクセルなどのタスクや応答動作を行います。人間が運転する自動車と比較して、AVは路上での安全性を高め、ヒューマンエラーや疲労を最小限に抑え、身体に障害のある人でも運転することができます。

市場の成長要因

自動車産業の著しい成長と急速なデジタル化は、市場の見通しを明るくする重要な要因の一つです。また、安全で効率的な移動手段への要求が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。その結果、インターネット接続機能、安全警告、自動衝突通知、強化されたエンジン制御機能を備えたAVに対する消費者の嗜好が高まっています。さらに、人工知能(AI)、ロボット工学、機械学習(ML)、モノのインターネット(IoT)の統合など、さまざまな技術の進歩も成長を促す要因となっています。これに伴い、AVメーカーも効率的なLiDAR(Light Detection and Raging)やRADAR(Radio Detection and Raging)のセンシング技術を用いて、広範囲のモニタリングや周囲の3Dマップの生成を行っています。その他の要因としては、自動車技術を促進する有利な政府政策の実施、コネクテッド・ビークル技術やダイナミック・モビリティ・アプリケーションの革新などが挙げられ、市場をさらに牽引すると予想されます。

主要な市場区分

世界の自律走行車市場は、コンポーネント、自動化レベル、アプリケーションに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場構成

・ハードウェア

・ソフトウェアおよびサービス

自動化レベル別の市場構成

・レベル3

・レベル4

・レベル5

アプリケーション別の市場構成

・輸送・物流

・軍事・防衛

市場の競合状況

世界の自律走行車市場における主要な企業としては、AB Volvo、AUDI Aktiengesellschaft(Volkswagen Group)、Bayerische Motoren Werke AG、Daimler AG、Ford Motor Company、General Motors、Tesla Inc.、Toyota Motor Corporation、Uber Technologies Inc.、Waymo LLC(Alphabet Inc.)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]