スマート水管理市場、2021年から2026年にかけて約11%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のスマート水管理市場は、2021年から2026年にかけて約11%のCAGRで成長すると予想されています。

スマート水管理(Smart Water Management:SWM)とは、水道網からリアルタイムでデータを収集・共有・分析する情報通信技術(ICT)ソリューションを指します。デジタルメーター、センサー、SCADA(Supervisory Control and Data Acquisition)システム、GIS(Geographic Information System)などを用いて、排水システムとの通信や相互作用を行います。これらのシステムは、漏水の検出、エネルギー使用量の最小化、節水、機器の故障予測、法規制の遵守などを行います。また、SWMシステムは、高度な圧力管理、高度な分析、メーターデータ管理、住宅用水の効率化、スマート灌漑管理システムと統合され、運用効率を高めています。

市場の動向

世界各地で効率的な廃水管理ソリューションに対する需要が高まっていることは、市場の成長を促す重要な要因の一つです。汚染の拡大、水不足、気候変動に伴い、増加する人口のニーズに応えるための淡水供給に対する要求が高まっています。これに伴い、特に発展途上国においてスマートシティ構想の実施が増加していることも、市場の成長に寄与しています。さらに、クラウドコンピューティングやIoT(モノのインターネット)ソリューションと接続されたデバイスの統合など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促す要因となっています。これらのソリューションは、遠隔監視、漏水の検出、ネットワークの可視性向上、灌漑管理を実現します。また、サービスプロバイダーは、タイムベースの同期検針や遠隔バルブ遮断設備のための双方向通信システムを開発しています。その他の要因としては、持続可能な開発を促進するために政府が有利な政策を実施していることや、既存の水道インフラが急速にアップグレードされていることなどが挙げられ、市場のさらなる拡大が期待されます。

主要な市場区分

世界のスマート水管理市場は、コンポーネント、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

デバイス

・先進的水道メーター

・メーター読み取り技術

ソフトウェアソリューション

・アセットマネジメント

・ディストリビューション・ネットワークモニタリング

・監視制御とデータ収集 (SCADA)

・メーターデータ管理 (MDM)

・アドバンス・アナリティクス

・その他

サービス

・マネージドサービス

・プロフェッショナルサービス

アプリケーション別の市場区分

・住宅

・商業・産業

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のスマート水管理市場における主要な企業としては、ABB Ltd.、Arad Group、Badger Meter Inc.、Engie SA、Honeywell International Inc.、Huawei Technologies Co. Ltd.、i2O Water Ltd.、International Business Machines Corporation、Itron Inc.、Oracle Corporation、Schneider Electric SE、TaKaDu Ltd.、Xylem Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]