オゾン発生器市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

オゾン発生器の世界市場は、2015年から2020年に約7%のCAGRで成長しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

オゾン発生器は、空気や水の処理、浄化、殺菌のためにオゾンを生成する装置です。これらの装置は、数ミリグラムから数百キログラムまでの量のオゾンを生成することができます。オゾン発生器の種類と容量は、運転時間や必要なオゾンの量と濃度など、さまざまな要因によって決まります。オゾン発生器は、製品の保存性を向上させ、二次汚染のリスクを最小限に抑えるために、工業用水処理、浄水、食品・飲料(F&B)の分野で使用されています。また、化学工業においては、漂白工程でのエネルギー削減にも利用されています。

市場の動向

世界人口の急激な増加は、資源の枯渇と大気汚染の増加をもたらしました。また、温室効果ガス(GHGs)やその他のオゾン層破壊物質の大量排出により、成層圏のオゾン層が破壊され、多くの健康問題が発生しています。これは、世界的にオゾン発生器などの空気浄化システムの需要にプラスの影響を与えています。これに加えて、廃水処理施設の改善や拡張のための投資が増加していることや、産業部門が急成長していることも、市場の成長を後押ししています。さらに、各国の政府機関が水と空気の質を向上させるための施策を実施していることも、オゾン発生器の販売増加を後押ししています。さらに、主要企業は、製品ポートフォリオを拡大するためにM&Aを行っており、これが今後数年間の市場成長の原動力になると予想されます。

主要な市場区分

世界のオゾン発生器市場は、テクノロジー、アプリケーション、最終用途、地域に基づいて分類されています。

テクノロジー別の市場区分

・紫外線発生装置

・コールドプラズマ発生装置

・コロナ放電発生装置

・電解発生装置

アプリケーション別の市場区分

・飲用水処理

・工業用水処理

・空気処理

・研究所・医療

・水産養殖

・その他

最終用途別の市場区分

・地方自治体

・工業用

・商業用

・住宅用

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のオゾン発生器市場における主要な企業としては、Corotec Corporation、Daikin Industries Ltd.、Electrolux AB、Mitsubishi Electric Corporation、Ozone Solutions Inc.、Ozone Tech Systems Ots AB (Mellifiq AB)、Ozonetek Limited、Primozone Production AB (Westfal-Larsen Technology)、Sun-Belt USA、Toshiba Infrastructure Systems & Solutions Corporation (株式会社東芝)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]