神経学的バイオマーカー市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

世界の神経学的バイオマーカー市場は、2015年から2020年にかけて約15%のCAGRで成長しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は力強い成長を示すと予想されています。

神経学的バイオマーカーは、血液や脳脊髄液(CSF)中に存在する分子で、脳疾患の診断をサポートし、疾患の進行をモニターします。これらのバイオマーカーの主な情報源は、遺伝子変異、代謝物レベル、脳画像、タンパク質の発現や翻訳後修飾の変化などです。これらのバイオマーカーは、実験的な医薬品に対する生物学的反応を検出し、治療介入のための新たなターゲットを発見するのに役立つため、医薬品開発の際の臨床現場で広く使用されています。現在、研究者はバイオマーカーの濃度を測定することで、非侵襲的な検査、早期診断、個別化治療を実現しています。

市場の動向

脳卒中、運動ニューロン疾患(MND)、アルツハイマー病(AD)、パーキンソン病(PD)、ハンチントン病(HD)などの神経疾患の発生が増加しており、より迅速な薬剤開発が求められています。これは、バイオマーカーが新薬や治療戦略の効果を測定するのに役立つことから、市場の成長を促進する主な要因の一つとなっています。また、低侵襲手術や個別化医療の導入が進んでいることも、市場の成長を促す大きな要因となっています。また、様々な神経疾患には共通の特徴があるため、特定の疾患やそのサブタイプを区別するための複数のバイオマーカーに対する需要が高まっています。さらに、質量分析装置やイメージング技術の進歩により、大量の生化学マーカーや脳の構造変化を迅速に評価できるようになりました。このことは、デジタルバイオマーカーの導入や臨床試験の増加とともに、今後数年間の市場の成長を促進するものと予想されます。

主要な市場区分

世界の神経学的バイオマーカー市場は、タイプ別、アプリケーション別、エンドユース別、地域別に分類されています。

タイプ別の市場区分

・ゲノムバイオマーカー

・プロテオミックバイオマーカー

・メタボロームバイオマーカー

・イメージングバイオマーカー

・その他

アプリケーション別の市場区分

・アルツハイマー病

・パーキンソン病

・多発性硬化症

・自閉症スペクトラム障害

・その他

エンドユース別の市場区分

・病院検査室

・臨床診断センター

・研究機関

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の神経学的バイオマーカー市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、Acumen Pharmaceuticals Inc.、Athena Diagnostics (Quest Diagnostics)、Banyan Biomarkers Inc.、Bio-Rad Laboratories Inc.、Immunarray Pvt.Ltd.、Myriad Rbm, Inc. (Myriad Genetics Inc.)、Proteome Sciences Plc、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]