超電導材料市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

超電導材料の世界市場は、2015年から2020年にかけて約14%のCAGRで成長しました。超電導材料とは、抵抗がなく、熱や音、エネルギーを放出することなく、電気/電荷を伝導することができる様々な金属化合物や合金を指します。一般的に使用されている超電導材料には、ガリウム、カドミウム、アルミニウム、バナジウム、亜鉛、タングステン、トリウム、鉛、チタン、ランタンなどがあります。これらの材料は、粉末や結晶、磁石、ワイヤー、ケーブルなどの形で提供され、電力貯蔵装置、送電網、電気モーター、磁気浮上列車、磁気共鳴画像(MRI)、電磁発電機などに広く使用されています。そのため、エレクトロニクスや医療をはじめとするさまざまな業界で幅広く利用されています。

市場の動向

世界的に見ても、電子産業や医療産業が大きく成長していることは、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。超電導材料は、内臓の正確な画像を生成することで、心血管や筋骨格の障害など、さまざまな病気を診断するMRI装置に広く使用されています。また、電子機器メーカーでは、扇風機、エレベーター、ポンプ、産業機器、エアコン、テレビ、冷蔵庫などに、抵抗のない伝導性を求めてこれらの材料を使用しています。さらに、高温超伝導繊維の開発など、さまざまな製品イノベーションも大きな成長要因となっています。高温超伝導ファイバーは、高速でエネルギーを伝送できる高耐久性の電力ケーブルの製造によく使用されており、さまざまなストレージシステムに効率的に利用することができます。その他、スマートグリッドの性能向上のための超伝導材料の利用や、広範な研究開発(R&D)活動なども、市場をさらに押し上げる要因になると予想されます。世界の超電導材料市場は、今後5年間で力強い成長を遂げると予想されています。

主要な市場区分

世界の超電導材料市場は、製品タイプ、最終使用産業、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・低温超電導材料(LTS)

・高温超電導材料(HTS)

最終使用産業別の市場区分

・医療

・エレクトロニクス

・エネルギー

・防衛

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の超電導材料市場における主要な企業としては、American Superconductor Co.、evico GmbH、日立製作所、Hyper Tech Research Inc.、Metal Oxide Technologies Inc.、Siemens AG、住友電気工業株式会社、Superconductor Technologies Inc.、SuperPower Inc. (古河電気工業株式会社)、Western Superconducting Technologies Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]