血栓除去デバイス市場、2021年から2026年にかけて6.05%のCAGRで成長見込み

市場の概要

血栓除去デバイスの世界市場は、2020年に11億4千万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は6.05%のCAGRで成長すると予想されています。

血栓除去デバイスは、バイオマーカー分析、梗塞サイズの縮小、STセグメントの解消、血管造影による心筋梗塞の血栓溶解療法(TIMI)フローなどの代替エンドポイントにおいて多くのメリットをもたらします。これらのデバイスは、手術中の出血や血管壁へのダメージを最小限に抑えます。そのため、静脈、動脈、毛細血管に存在する血栓の治療に使用されます。また、肺塞栓症や末梢動脈疾患の治療にも使用されています。現在では、患部に応じて様々なサイズや直径のものがあります。血栓除去デバイスが最も頻繁に使用される手術は、バルーン塞栓術、外科的塞栓術、吸引式塞栓術などです。

市場の動向

世界保健機関(WHO)によると、世界中で慢性疾患が死亡や障害の主な原因となっています。多忙な日々、座りっぱなしの生活、ファーストフードの消費量の増加、喫煙者やアルコール摂取者の増加などにより、これらの疾患の罹患率は著しく加速しています。このことは、世界の血栓除去デバイス市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、高齢者人口の増加、低侵襲手術への需要の高まり、各国の医療インフラの整備なども市場の成長を後押ししています。さらに、主要メーカーは、技術的に優れた血栓除去デバイスを発売するために研究開発への投資を拡大しており、これが市場の成長を促しています。加えて、有利な診療報酬や、外科医が画像誘導手術を行う際に血栓除去デバイスを好んで使用していることも、市場の成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分

世界の血栓除去デバイス市場は、製品タイプ、アプリケーション、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・吸引式血栓除去デバイス

・機械的血栓除去デバイス

・超音波血栓除去デバイス

・その他

アプリケーション別の市場区分

・心臓血管

・神経血管

・末梢血管

エンドユーザー別の市場区分

・病院・診療所

・外来手術センター

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の血栓除去デバイス市場における主要な企業としては、Argon Medical Devices Inc.、Boston Scientific Corporation、Edwards Lifesciences Corporation、Johnson & Johnson、Medtronic Plc、Penumbra Inc.、Spectranetics Corporation (Koninklijke Philips N.V.)、Stryker Corporation、Teleflex Incorporated、Terumo Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]