ボトルウォーター市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

世界のボトルウォーター市場は、2015年から2020年にかけて約7%のCAGRで成長しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

ボトルウォーターは、井戸、保護された泉、公共の水道など、さまざまな供給源から得られ、人間が消費することを目的としています。通常の水に比べて、溶存ミネラル分や全溶存固形分(TDS)が多く含まれています。一般的に、ボトルは包装前に紫外線(UV)を照射され、保存中や輸送中の病原菌の繁殖を防ぎます。殺菌処理後のボトルには水が充填され、ラベルが貼られて、1回分の量からウォータークーラー用の大型カーボーイまで、さまざまなサイズで販売されています。現在、世界的に水を媒介とした病気の発生率が上昇していることや、健康志向の高まりを受けて、家庭用にボトルウォーターを利用するケースが増えています。

市場の成長要因

炭酸飲料に含まれる砂糖や人工甘味料の有害性に対する認識の高まりや、個人の健康意識の高まりは、ボトルウォーターの需要を促進する重要な要因の一つです。また、可処分所得の増加に伴い、ボトルウォーターの高級化が進んでいることも市場の成長に寄与しています。プレミアムボトルウォーターの販売は、ホテルやレストランでの採用が増えていることも後押ししています。さらに、アウトドア活動への参加者が増えていることも、小型の水筒の利用を促進しています。さらに、多くの国でペットボトルウォーターの自動販売機が簡単に利用できるようになったことも、市場の成長にプラスの影響を与えています。さらに、軽量で環境に優しいパッケージソリューションの導入に注目が集まっていることも、メーカーにとっては有利な機会になると予想されます。

主要な市場区分

ボトルウォーターの世界市場は、製品タイプ、流通チャネル、パッケージタイプに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・スティル

・炭酸飲料

・フレーバー

・ミネラル

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット/ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・直販

・オン・トレード

・その他

パッケージタイプ別の市場区分

・ペットボトル

・金属缶

・その他

市場の競合状況

世界のボトルウォーター市場における主要な企業としては、Bisleri International Pvt.Ltd.、Danone S.A.、Gerolsteiner Brunnen GmbH & Co. KG、Nestle S.A.、Nongfu Spring (Yangshengtang Co. Ltd.)、Otsuka Pharmaceutical Co. Ltd.、PepsiCo Inc.、Primo Water Corporation、Tata Consumer Products Limited、The Coca-Cola Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]