ADME毒性試験市場、2021年から2026年まで力強く成長見込み

市場の概要

2015年から2020年にかけて、世界のADME毒性試験市場は約13%のCAGRで成長しました。吸収・分布・代謝・排泄(ADME)毒性試験は、医薬品開発プロセスの初期段階で実施され、親化合物や薬剤の生体内での安全性、取り込み、排泄、有効性、代謝挙動などを判断します。一般的には、研究者がソフトウェアソリューション、デバイス、検出器などを用いて、細胞ベースのアッセイやin vitroアッセイで実施し、活性化合物、遺伝子の相互作用、その他の生体分子の相互作用を特定します。前臨床試験や臨床試験の後期段階に進む前に、薬剤候補の安全性や毒性を把握することができるため、コストや創薬期間、試験の煩雑さを軽減することができます。

市場の動向

疾病の増加に伴い、新薬や生物学的製剤の必要性が高まっています。このことは、後期臨床試験における候補薬の失敗を防ぐために、ADME毒性試験の採用を拡大させている主な要因の一つです。また、規制当局の承認に必要な薬の実行可能性を研究者が判断するのにも役立ちます。さらに、市場の重要な動向の一つとして、FDA(米国食品医薬品局)が、医薬品候補の安全性と有効性を評価する際のADME特性に関する指導書を導入していることが挙げられます。また、従来のin vitro試験やin vivo実験に代わって、ADMEを自動的に計算できるソフトウェアの導入が進んでいます。さらに、コロナウイルス感染症(COVID-19)が発生・拡大し、有効なワクチンや治療法が著しく欠如していることから、ADME毒性試験は代替治療として既存の医薬品の有効性を評価するために利用されており、これも市場の成長を促進しています。世界のADME毒性試験市場は、今後5年間で力強い成長を遂げると予想されています。

主要な市場区分

世界のADME毒性試験市場は、技術、製品タイプ、分析方法、用途に基づいて分類されています。

技術別の市場区分

・細胞培養

・ハイスループットスクリーニング

・分子イメージング

・OMICSテクノロジー

・その他

製品タイプ別の市場区分

・機器

・ソフトウェアソリューション

・アッセイシステム

・試薬

・その他

分析方法別の市場区分

・In-Vivo

・In-Vitro

・In-Silica

・その他

用途別の市場区分

・全身毒性

・腎毒性

・肝機能障害

・神経毒性

・その他

市場の競合状況

世界のADME毒性試験市場における主要な企業としては、Agilent Technologies Inc.、Beckman Coulter Inc. (Danaher Corporation)、Bioivt LLC、Bio-Rad Laboratories Inc.、Charles River Laboratories International Inc.、Cyprotex Plc (Evotec AG)、Molecular Discovery Ltd.、Perkinelmer Inc.、Promega Corporation、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]