トランジットカード市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

世界のトランジットカード市場は、2015年から2020年にかけて約5%のCAGRで成長しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

トランジットカード(トラベルカード)とは、バスや電車、地下鉄などを無制限に、あるいは事前に決められた回数だけ利用するために乗客に発行されるポケットサイズのチケットまたはパスのことです。カードは通常、ポリ塩化ビニールを使用して製造され、組み込み集積回路、マイクロコントローラー、セキュリティ保護されたメモリーチップで構成されています。このカードは、主に公共交通機関の認証に使用され、接触型、非接触型、デュアルインターフェース型、ハイブリッド型があります。従来から使用されている磁気パスや紙ベースのチケットシステムと比較して、トランジットカードは信頼性が高く、使い勝手が良く、不正行為のリスクも最小限に抑えられています。

市場の動向

交通業界の著しい成長と、公共交通機関に使用される技術のデジタル化は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。急速な都市化と、効果的な旅客モビリティソリューションへのニーズの高まりにより、最新の発券システムの需要が拡大しています。これに伴い、複数のアプリケーションに対応したトランジットカードの導入も市場の成長に寄与しています。また、個人識別番号(PIN)を入力しないとアクセスできない耐タンパー性のあるトランジットカードの開発など、さまざまな製品イノベーションも市場の成長を促す大きな要因となっています。また、メーカー各社は、RFID(Radio Frequency Identification Device)にかざすことで利用者が便利に通行できる、先進的な非接触型トランジットカードの開発も進めています。その他の要因としては、世界的な人口の増加や、特に発展途上国における既存の交通インフラの大幅な改善などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界のトランジットカード市場は、製品、タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・バスカード

・地下鉄カード

・その他

タイプ別の市場区分

・非接触型トランジットカード

・接触型トランジットカード

・コンビ/ハイブリッド型トランジットカード

アプリケーション別の市場区分

・交通機関

・交通管理

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のトランジットカード市場における主要な企業としては、4G Identity Solutions Private Ltd. (Goldstone Technologies Ltd.), Beijing Watchdata Co. (Goldstone Technologies Ltd.)、Beijing Watchdata Co. Ltd.、Cardlogix Corporation、Eastcompeace Technology Co. Ltd.、Entrust Corporation、Giesecke & Devrient GmbH、Infineon Technologies AG、Thales Group、Watchdata Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]