タイヤ補強材市場、2021年から2026年にかけて緩やかに成長見込み

市場の概要

世界のタイヤ補強材市場は、2015年から2020年にかけて約5%のCAGRで成長しました。ビーズや布コードなどのタイヤ補強材は、高い耐久性、剛性、引張強度、ゴムへの接着性、圧縮弾性率を実現するために広く利用されています。これらの材料は、コスト、構造、化学組成、タイヤのプライ数などによって採用されます。例えば、スチールコードは、乗用車やトラックのラジアルタイヤに使用され、ハンドリングフォースを生み出し、トラクションを向上させ、タイヤ全体の性能を高めます。また、スチールワイヤーと添加剤を使用して製造されたビーズは、補強材として使用されています。これらのビーズは、装着時の荷重歪み、リムの滑り、破損に対する抵抗力を高めるために、合金でコーティングされています。現在、タイヤの形状を維持し、車両の重量を支え、タイヤの機能を向上させるために、タイヤ補強材の需要は世界的に増加しています。

また、ランフラットタイヤや超高速タイヤの需要が高まっていることから、自転車、土木車両、大型トラック、スペースシャトルの着陸装置などへの繊維コードの採用が進んでいます。また、スチールコードは、転がり抵抗の低減、トレッド寿命の延長、燃料効率の向上に役立つため、SUVやLT(ライトトラック)用タイヤに採用されています。さらに、建設業や鉱業の発展に伴い、タイヤ補強材の使用が促進されています。これは、タイヤ補強材がオフロード(OTR)車のパンク防止に役立つからです。また、自動車の販売台数の増加、超高張力ビードワイヤーの導入、各国政府機関による自動車の燃費に関する厳しい規制なども、今後数年間の市場を牽引する要因として期待されています。今後5年間、世界のタイヤ補強材市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

世界のタイヤ補強材市場は、製品タイプ別、材料タイプ別、タイヤタイプ別、車両タイプ別、アプリケーション別、地域別に分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・タイヤコードファブリック

・タイヤビードワイヤー

材料タイプ別の市場区分

・スチール

・ポリエステル

・ナイロン

・レーヨン

・アラミド

・その他

タイヤタイプ別の市場区分

・ラジアルタイヤ

・バイアスタイヤ

車両タイプ別の市場区分

・乗用車

・商用車

・その他

アプリケーション別の市場区分

・OEM

・アフターマーケット

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のタイヤ補強材市場における主要な企業としては、Bridgestone Corporation、Century Enka Limited、Cordenka GmbH & Co. KG、Dupont De Nemours Inc.、Formosa Taffeta Co. Ltd.、Kolon Industries Inc.、NV Bekaert S.A.、SRF Limited (Kama Holdings Ltd.)、帝人株式会社、東レ株式会社、東洋紡績株式会社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]