販売促進技術市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

世界の販売促進技術市場は、2015年から2020年にかけて約15%のCAGRで成長しました。今後、2021年から2026年の間に市場は力強い成長を示すと予想されています。

販売促進(セールスアクセラレーション)技術とは、営業機能を最適化するために設計されたソフトウェアベースのツールのことです。電子メールのトラッキング、インバウンドおよびアウトバウンドコールのトラッキング、リードの優先順位付け、リスト構築ツール、マーケットインテリジェンスおよび予測分析ツール、セールスフォースオートメーション、ゲーミフィケーションなどの様々な機能により、販売および管理業務を自動化し、営業プロセスを効率化します。これらのツールは、データやその他の統計的洞察を用いて、セールスサイクルやファネルを効率的にナビゲートし、無駄のないリードジェネレーション、営業生産性の向上、営業コーチングやトレーニングの改善、セールスファネルの最適化など、さまざまなメリットを提供します。

市場の動向

あらゆる業界における急速な自動化の進展は、販売促進技術市場の成長を促進する重要な要因の一つです。また、効率的な販売管理ツールへの需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。企業は販売促進技術を利用して、マーケティング・キャンペーンによる販売促進や消費者パターンのモニタリングを行っています。さらに、CPQ(Configure, Price, Quote)機能、販売促進の自動化、CRM(Customer Relationship Management)、セールスメールツール、セールスインテリジェンスなどにも利用されています。これにより、見込み客に連絡を取る際の時間の無駄を最小限に抑え、さまざまなセールスプロセスを最適化することができます。また、直感的でインタラクティブなダッシュボードを開発してユーザーのデジタル体験を向上させるなど、さまざまな製品のイノベーションも市場成長を促す要因となっています。販売促進・ソフトウェアの開発者は、ユーザーのエンゲージメントを高めるために、凝ったデザイン、滑らかなアニメーション、セールス・モニタリング・ツールなどを取り入れています。その他にも、ITインフラの改善や大規模な研究開発活動などが、市場をさらに押し上げる要因になると予想されます。

主要な市場区分

世界の販売促進技術市場は、タイプ、最終使用産業、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・構成価格見積り(CPQ)ツール

・営業提案自動化ツール

・顧客関係管理ツール

・営業メールツール

・セールスインテリジェンス・ツール

・その他

最終使用産業別の市場区分

・BFSI

・ヘルスケア

・小売

・自動車

・通信

・製造業

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の販売促進技術市場における主要な企業としては、Apttus Corporation、ConnectLeader、LeadFuze、Outreach Corporation、Salesforce.com Inc.、SalesLoft Inc.、Sofon、Tenfold Corporation、Upland Software Inc.、Yesware Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]