シリコンウェハー市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

世界のシリコンウェハー市場は、2015年から2020年にかけて約3%のCAGRで成長しました。今後、2021年から2026年の間、市場は緩やかな成長を続けると予想されています。

シリコン(Si)ウェハーとは、主に電子集積回路(IC)やマイクロ電子回路に搭載される半導体材料のことを指します。スマートフォン、タブレット、スマートウェアラブル、マイクロチップ、太陽電池、軍事兵器、ゲーム機器、整流器などに広く使用されています。これらのデバイスでは、シリコンウェハーは、高い耐久性、信頼性、耐熱性とともに、幅広い電流・電圧処理能力を提供しています。その結果、シリコンウェハーは、家庭用電化製品、通信、エネルギー生成、防衛、自動車などの様々な産業分野で幅広く採用されています。

市場の動向

家電市場の拡大とデバイスの小型化傾向の進展により、シリコンウェハーの需要が増加傾向にあります。スマートフォン、ノートパソコン、スマートウォッチ、タブレットなどに搭載される小型の集積回路を製造するために、複数の電子機器メーカーがシリコンウェハーを採用しています。また、燃料を使用する発電所からの過剰な二酸化炭素排出量に対する環境意識の向上が、再生可能エネルギーの需要を促進しています。また、太陽光発電所の増加に伴い、太陽電池用のシリコンウェハーの使用が促進されています。これに伴い、シリコンウェハーの高いバンド効率、動作安定性、無毒性に対する意識の高まりが、シリコン太陽電池パネルの採用を促進しています。また、自動車産業の著しい成長に伴い、コネクテッドカーやハイブリッドカーが登場しています。自動車の先進運転支援システム(ADAS)、タッチフリーのヒューマン・マシン・インターフェース、アダプティブ・クルーズ・コントロール、自動ブレーキシステムなどでのシリコンウェハーの利用が増えており、市場の成長をさらに後押ししています。今後数年間は、IoT、AI、機械学習などを含むインダストリー4.0技術の普及拡大が、引き続きシリコンウェハーの世界市場を牽引すると予想されています。

主要な市場区分

世界のシリコンウェハー市場は、ウェハーサイズ、タイプ、アプリケーション、エンドユース、地域に基づいて分類されています。

ウェハーサイズ別の市場区分

・0~100mm

・101~200mm

・201~300mm

・301mm以上

タイプ別の市場区分

・Nタイプ

・Pタイプ

アプリケーション別の市場区分

・太陽電池

・集積回路

・光電セル

・その他

エンドユース別の市場区分

・家庭用電化製品

・自動車

・産業機器

・通信機器

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のシリコンウェハー市場における主要な企業としては、GlobalWafers Singapore Pte. Ltd., Okmetic Oy, Shanghai Simgui Technology Co. Ltd.、信越化学工業株式会社、シリコンマテリアルズ株式会社、Siltronic AG、SK Siltron Co., Ltd.、株式会社サムコ、株式会社トクヤマ、バージニア・セミコンダクター・インク、Wafer Works Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]