ハイブリッドパワーソリューション市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

世界のハイブリッドパワーソリューション市場は、2015年から2020年にかけて約7%のCAGRで成長しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

ハイブリッドパワーソリューションは、負荷、発電機、コンバーター、ストレージシステム、再生可能エネルギー源を利用して発電します。現在、これらのソリューションは、何メガワットもの大規模なアイランドグリッドから、1キロワット程度の個人の家庭用電源まで、さまざまな規模のものがあります。ハイブリッドパワーソリューションは、二酸化炭素排出量を最小限に抑え、エネルギーコストを削減できるため、世界中の電力会社、自治体、独立系発電事業者(IPP)、システムオペレーターなどで幅広く利用されています。

市場の動向

電力消費量の増加に加え、環境問題への関心の高まりからクリーンなエネルギー源への需要が高まっていることが、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、ハイブリッドパワーソリューションの採用が増えているのは、供給過剰、供給不足、負荷需要の急激なピーク時に、余剰電力を蓄える必要性が高まっていることに起因しています。さらに、固定周波数の交流を供給するハイブリッドパワーソリューションは、遠隔地での電力供給のために人気を集めています。さらに、これらのソリューションは、信頼性の向上、柔軟性と燃料効率の向上、温室効果ガス(GHG)排出量の削減、幅広い動作モードを提供することから、様々な最終用途産業でその用途が拡大しています。さらに、市場をリードする企業は、ハイブリッドパワーソリューションのハードウェア、エネルギー密度、安全性、効率を向上させながら、バッテリーエネルギー貯蔵システム(BESS)のコスト削減に注力しています。このことは、今後数年間の市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

主要な市場区分

世界のハイブリッドパワーソリューション市場は、システムタイプ、電力定格、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

システムタイプ別の市場区分

・太陽電池ディーゼル

・風力ディーゼル

・太陽風ディーゼル

・その他

電力定格別の市場区分

・10KW以下

・11KW以上100KW未満

・100KW以上

エンドユーザー別の市場区分

・住宅用

・商業用

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のハイブリッドパワーソリューション市場における主要な企業としては、AEG Power Solutions GmbH、Delta Electronics Inc.、ENGIE EPS S.A.、Huawei Technologies Co. Ltd.、Pfisterer Holding Aktiengesellschaft、Siemens AG、Silver Power Systems Ltd.、SMA Solar Technology AG、Vergnet SA、ZTE Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]