浮体式生産貯蔵積出設備市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

2015年から2020年にかけて、世界の浮体式生産貯蔵積出設備市場は約6%のCAGRで成長しました。浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)は、海底の油井から炭化水素を受け取り、原油、ガス、水に加工するために、海上の油田やガス田で使用されます。これらの船は、処理された原油や天然ガスを、シャトルタンカーに積まれるまで、あるいは輸出パイプラインを通って精製所に運ばれるまで貯蔵します。ポンプ、発電機、貯蔵タンク、制御室、宿泊施設などを備えており、遠隔地での石油・ガスの採掘・精製を低コストで行うことができます。従来の海洋石油・ガスプラットフォームと比較して、FPSOは柔軟性、汎用性、安全性、時間効率、高い貯蔵能力を備えています。

市場の動向

FPSOは、原油を輸出するための高価な海底パイプラインを必要とせず、既存の油田が枯渇しても別の場所に移動することができます。そのため、現地のパイプラインインフラが整備されておらず、小規模な油田やガス田が数年で枯渇するようなフロンティア地域で好まれています。また、着脱式の砲塔システムを採用しており、緊急時には砲塔を開放し、再び取り付けて作業を継続することができるため、劣悪な環境下での使用にも適していると考えられます。これらの要因は、エネルギー需要の増加と相まって、市場の成長を促進する大きな要因となっています。また、陸上での石油探査活動が減少していることに加え、遠隔地での深海油田の採掘に注目が集まっていることも、市場の成長に貢献しています。さらに、先端技術の統合やFPSOのデジタル化は、今後数年間で市場をさらに牽引すると予想されます。世界の浮体式生産貯蔵積出設備市場は、今後5年間緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

世界の浮体式生産貯蔵積出設備市場は、船舶タイプ、デザイン、推進方式、船体タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

船舶タイプ別の市場区分

・改造船と再就航船

・新造船

デザイン別の市場区分

・拡散係留型FPSO

・一点係留型FPSO

・ダイナミックポジショニングFPSO

推進方式別の市場区分

・自走式

・曳航式

船体タイプ別の市場区分

・シングルハル

・ダブルハル

アプリケーション別の市場区分

・浅海

・深海

・超深海

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の浮体式生産貯蔵積出設備市場における主要な企業としては、Bumi Armada Berhad (Usaha Tegas Sdn Bhd), Bluewater Energy Services B.V. (Aurelia Energy N.V.), Aurelia Energy N.V. (Aurelia Energy N.V.), BP Plc, BW Offshore Limited, Chevron Corporation, Exxon Mobil Corporation, MODEC Inc., Petróleo Brasileiro S.A., SBM Offshore N.V., Royal Dutch Shell PLC, Teekay Corporation.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]