コネクテッドマイニング市場、2021年から2026年にかけて力強く成長見込み

市場の概要

世界のコネクテッドマイニング市場は、2015年から2020年にかけて約18%のCAGRで成長しました。コネクテッドマイニングとは、鉱山資源の採掘と管理の効率を高めるために、地表と地下の採掘を統合した次世代の地雷設計のことです。コネクテッドマイニングは、高度に保護された情報プロトコル(IP)とマルチサービスネットワークを確立し、鉱山の壁面斜面の安定性、地表の動き、亀裂や断層の検出、自然地震の監視を行います。これには、運用データの処理と分析、スマートアセット、ロジスティクス、制御システム、セーフティ・セキュリティシステム、遠隔管理ソリューションなど、さまざまなシステムやソリューションが含まれます。これらのシステムやソリューションは、鉱山作業に使用される機械に導入され、生産効率の向上や作業員の安全性、資産のリアルタイムな可視化による生産コストの最小化など、さまざまなメリットをもたらします。

市場の動向

世界各国の鉱業の著しい成長は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。さらに、鉱山労働者のためのセーフティ・セキュリティソリューションに対する要求が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。コネクテッドマイニングは、統合されたシステムによるリアルタイムの監視と通信により、企業の生産能力を向上させます。また、デジタルテールモニタリング制御により、現場でのコストモニタリングやリソースの活用を可能にする予知保全も提供します。さらに、IIoT(Industrial Internet of Things)やビッグデータ、クラウドコンピューティングソリューションをマイニングシステムに導入することも、市場成長の促進要因となっています。また、サービスプロバイダーは、ユーザーに改善された体験を提供するために、デザインの柔軟なプラットフォーム、センサー、プロセッサー、ソフトウェアを開発しており、これが市場をさらに牽引しています。今後、世界のコネクテッドマイニング市場は、今後5年間で力強い成長を遂げると予想されています。

主要な市場区分

世界のコネクテッドマイニング市場は、コンポーネント、機器の種類、ソフトウェア・サービスの種類、マイニングタイプ、ソリューションタイプに基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のコネクテッドマイニング市場における主要な企業としては、ABB Group、Accenture Plc、Alastri、Cisco Systems Inc.、Hexagon AB、Intellisense.Io、Rockwell Automation、SAP SE、Symboticware Inc.、Trimble Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]