バイオブタノール市場、2021年から2026年にかけて緩やかに成長見込み

市場の概要

世界のバイオブタノール市場は、2015年から2020年にかけて約9%のCAGRで成長しました。バイオブタノール(ブチルアルコール)とは、内燃機関(IC)の燃料や有機溶剤として使用される化学物質を指します。バイオブタノールは、4つの炭素原子からなり、通常、デンプン、砂糖、セルロース系原料を微生物で発酵させて製造されます。従来使用されてきたエタノールやガソリンと比較して、非腐食性で水に混ざらず、エネルギー含有量や燃焼限界が高く、蒸気圧が低いという特徴があります。また、燃焼時に放出される炭化水素、窒素酸化物、一酸化炭素の量も少なくて済みます。その結果、バイオブタノールは、ゴム、塗料、コーティング、樹脂、可塑剤、医薬品、食品用抽出剤、化学中間体、除草剤などの製造に広く使用されています。

市場の成長要因

世界的にエネルギー効率の高い燃料への需要が高まっていることは、市場の成長を促す重要な要因の一つです。温室効果ガス(GHG)の環境への排出に対する懸念が高まっていることから、代替燃料や再生可能エネルギーへの移行が進んでおり、これが市場成長の原動力となっています。これに伴い、ブチルアクリレートなどの化学品の製造にバイオブタノールが広く採用されていることも、市場の成長に寄与しています。また、酢酸エステル、アクリル酸エステル、グリコールエーテルなどの工業用溶剤の製造にも使用されています。さらに、発酵技術やセルロース系抽出技術のさまざまな進歩が市場の成長を後押ししています。その他の要因としては、航空業界や船舶輸送分野におけるバイオ燃料の消費が増加していることや、バイオベースの製品の使用を促進する有利な政府政策が実施されていることなどが挙げられ、市場のさらなる拡大が期待されます。今後5年間、世界のバイオブタノール市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

世界のバイオブタノール市場は、原材料、用途、最終使用産業に基づいて分類されています。

原材料別の市場構成

・穀類

・サトウキビバガス

・廃棄物系バイオマス

・その他

用途別の市場構成

・アクリレート

・アセテート

・グリコールエーテル

・バイオ燃料

・その他

最終使用産業別の市場構成

・輸送

・建設

・医療

・発電所

・その他

市場の競合状況

世界のバイオブタノール市場における主要な企業としては、Abengoa、Biotleave Limited、Bioenergy International、Butalco GmBH (Lesaffre)、Butamax Advanced Biofuels LLC (BP and Corteva)、Eastman Chemical Company、Gevo Inc、Metabolic Explorer SA、Solvay S.A.、W2 Energy Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]