農業用微量栄養素市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

世界の農業用微量栄養素市場は、2021年から2026年にかけて緩やかな成長を示すと予想されています。

農業用微量栄養素とは、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、マンガン(Mn)、鉄(Fe)、ホウ素(B)、モリブデン(Mo)などの必須ミネラル成分で、植物が少量ずつ摂取するものです。農産物の収穫量や品質の向上に役立ち、主に土壌や葉面散布、ファーティゲーションシステムで使用されます。また、植物の生物学的プロセスや細胞の成長を助ける働きもあります。最近では、コストを削減し、従来の散布装置で均一に散布できるように、乾式および液体肥料に微量栄養素を混合して使用されています。

市場の成長要因

微量栄養素は、植物のホルモンバランス、オーキシン活性、開花の促進、均一な熟成プロセスの開発に利用されます。植物の成長を促進し、最適な収量を得るために、植物の栄養素に注目が集まっていることは、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。また、糖の移行を促進し、根の強度を高めることで、太い根を育て、植物全体の免疫力を向上させることができます。さらに、酵素の補酵素として、また植物が完全なタンパク質や化合物を構築するための構成要素として機能するため、園芸作物を育てるための必須ミネラル要素と考えられています。農業用微量栄養素の需要が増加しているその他の要因としては、穀物、豆類、油糧種子、香辛料、プランテーションなどの作物に適切なバランスの栄養を与える必要性が挙げられます。また、微量栄養素が不足すると、発育不良、葉の変色、子実体の消失、植物の変形、収穫量の減少などが起こるため、農業分野での需要拡大が期待されています。

主要な市場区分

世界の農業用微量栄養素市場は、タイプ別、作物の種類別、形態別、用途別に分類されています。

タイプ別の市場区分

・亜鉛

・ホウ素

・鉄

・マンガン

・モリブデン

・その他

作物の種類別の市場区分

・穀類

・豆類と油糧種子

・果物と野菜

・その他

形態別の市場区分

・キレート

・非キレート

用途別の市場区分

・土壌

・葉面散布

・灌漑

・その他

市場の競合状況

世界の農業用微量栄養素市場における主要な企業としては、ATP Nutrition (Concentric Agriculture Inc.), Balchem Corporation, BASF SE, Compass Minerals International, Coromandel International Ltd. (Murugappa Group and EID Parry)、Corteva Inc.、Helena Agri-Enterprises LLC (Marubeni Corporation)、Nufarm Canada、Stoller USA Inc.、The Mosaic Company 、Valagro SpA (Syngenta Crop Protection AG)、Yara International ASA、Zuari Agro Chemicals Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]