骨固定型補聴器市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

骨固定型補聴器の世界市場は、2015年から2020年にかけて約6%のCAGRで成長しました。骨固定型補聴器(BAHA)は、様々なタイプの難聴者の治療に使用される外科的な埋め込み型のデバイスです。チタン製のネジを耳の後ろの乳様突起に固定し、アバットメントを介して取り外し可能な小型サウンドプロセッサーに接続することで、皮膚のインピーダンスや皮下組織を迂回して音を直接内耳に伝達します。従来の補聴器と比較して、より優れた音質と快適性を実現しています。BTE(耳かけ型補聴器)と比較して、皮膚への刺激がなく、必要なエネルギーも少なく、耳垂れも軽減されるため、片耳難聴や伝音性難聴、混合性難聴の子供や大人の間で世界中で支持されています。

市場の成長要因

聴覚障害は年齢とともに発症するリスクが高まるため、高齢者人口の増加は市場成長を促進する重要な要因の一つです。さらに、小児の難聴が増加していることに加え、手術のリスクが高いことから、期間限定の非手術的なソリューションとして機能するソフトバンドBAHAの需要が高まっています。さらに、いくつかの国の政府機関では、新生児の聴覚障害のスクリーニングを義務付ける規則や規制を実施しています。この傾向は、より優れた償還制度の利用とともに、市場の成長にプラスの影響を与えています。また、BAHAの手術による合併症を減らすために、ロボットプラットフォームや手術用ナビゲーションシステムが世界中で人気を集めています。また、市場関係者は、消費者層を拡大するために先進的な製品を導入しています。例えば、聴覚インプラントを製造しているMED-EL社は、ADHEARを発売しました。この非埋込み型BAHAデバイスは、すべての年齢層に適しており快適な聴き取りと信頼性の高いリスニングを提供します。世界の骨固定型補聴器市場は、今後5年間で緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

世界の骨固定型補聴器市場は、原材料別、難聴タイプ別、エンドユーザー別に分類されています。

原材料別の市場構成

・チタン合金

・セラミックス複合材料

・その他

難聴タイプ別の市場構成

・感音性難聴

・伝音性難聴

・混合難聴

・片耳難聴

エンドユーザー別の市場構成

・小児科

・成人

・高齢者

市場の競合状況

世界の骨固定型補聴器市場における主要な企業としては、Auditdata A/S、Cochlear Ltd.、Demant A/S、GN Hearing A/S (GN Store Nord A/S)、Natus Medical Incorporated、Sonova Holding AG、Starkey Hearing Technologies、Widex A/Sなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]