小火器市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

世界の小火器市場は、2015年から2020年にかけて約5%のCAGRで成長しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

小火器とは、爆発的な作用で銃弾や弾丸を発射することができる携帯型の殺傷武器です。これらの武器には、個人使用を目的としたリボルバー、自動装填式ピストル、カービン、アサルトライフル、ライトガン、サブマシンガンなどがあります。これらの武器には一般的に、スリング、クリーニングキット、オイルボトル、アンダーバレルグレネードランチャー、サウンドサプレッサー、光学照準器、フォアグリップ、懐中電灯などの付属品やアクセサリーが用意されており、武器の全体的な有効性や有用性を高めています。小火器は、ストック、バレル、アクション、その他の動作部品から構成され、軍や法執行機関の仕様に合わせて製造されています。

市場の動向

テロの脅威の高まり、国境を越えたセキュリティ問題の増加、軍事・防衛分野への投資の増加などにより、国際国境、軍事基地、その他の機密施設のセキュリティを強化するための小火器の需要が高まっています。また、各国の政府機関は、警察の近代化や人権侵害の防止を目的として、先進的な武器システムを導入しています。さらに、国内の犯罪率の上昇や、自衛目的の武器所持を認める法律の制定により、一般市民の間で小火器の導入が進んでいます。また、盗難や窃盗の増加により、民間企業での小火器の使用が増加しています。さらに、個人が射撃スポーツに参加するようになったことも、市場の成長にプラスの影響を与えています。また、軽量・高精度・小型の武器に対する需要の増加は、将来的にメーカーに有利な機会を提供すると予想されます。

主要な市場区分

世界の小火器市場は、タイプ、アプリケーション、口径、技術、切断タイプ、操作方法、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・ピストル

・リボルバー

・ライフル

・マシンガン

・その他

アプリケーション別の市場区分

・軍事用

・法執行機関

・その他

口径別の市場区分

・5.56mm

・7.62mm

・9.00mm

・その他

技術別の市場区分

・ガイド付き

・ガイド無し

切断タイプ別の市場区分

・ライフル加工

・スムージングボア

操作方法別の市場区分

・自動

・半自動

・マニュアル

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の小火器市場における主要な企業としては、Beretta Holding S.P.A、Colt’s Manufacturing Company LLC、Glock Ges M.B.H、Fabbrica dArmi Pietro Beretta S.p.A、Heckler & Koch GmbH、Herstal SA、Israeli Weapon Industries、Remington Arms Company LLC、Smith & Wesson Holding Corporation、Sturm, Ruger & Company Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]