軍事用レーザーシステム市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

世界の軍事用レーザーシステム市場は、2015年から2020年にかけてCAGR7%で成長しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

軍事用レーザーシステムとは、殺傷活動からさまざまな物体の検出に至るまで、軍事ベースのさまざまな用途に広く採用されている防衛機器を指します。一般的な製品の種類としては、半導体レーザー、色素レーザー、化学レーザーなどがあります。軍事用レーザーシステムは、主に指向性エネルギー兵器、ミサイル誘導装置、レーザー照準器、デジグネーター、距離計などと一体化されています。

市場の動向

世界的な地政学的紛争やテロ活動の顕著な増加は、主に軍事用レーザーシステムの需要を促進しています。また、攻撃用レーザーシステム、境界線侵犯検知システム、レーザー対策システムなど、さまざまなレーザーを使った軍事ソリューションが、脅威の軽減や武器誘導の用途で採用されていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、防衛分野への投資が増加していることに加え、様々な軍事近代化プログラムが導入されていることも、世界市場のさらなる拡大につながっています。また、状況認識力を高め、軍人の作業負担を軽減するために、通信・航法・監視(CNS)システムへの関心が高まっていることも、軍事用レーザーシステムの需要を喚起しています。さらに、人工知能(AI)の登場により、高度なモニタリング、ターゲティング、情報収集システムを備えた革新的なレーザー機器の製造が可能となり、市場の成長を促進しています。これに加えて、遠隔操作型水中ロボット(ROV)や無人戦闘機(UCAV)への軍事用レーザーシステムの搭載が増加していることも、予測期間中の世界市場を牽引する要因となるでしょう。

主要な市場区分

世界の軍事用レーザーシステム市場は、製品タイプ、技術、アプリケーション、エンドユースに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・レーザーデジグネーター

・LIDAR

・3Dスキャン

・レーザーウェポン

・レーザー距離計

・リングレーザージャイロ

・レーザー高度計

・その他

技術別の市場区分

・ファイバーレーザー

・ソリッドステート・レーザー

・化学的レーザー

・CO2レーザー

・半導体レーザー

・その他

アプリケーション別の市場区分

・ターゲット指定と測距

・誘導弾

・指向性エネルギー兵器

・防御的対抗策

・その他

エンドユース別の市場区分

・防衛

・ホームランドセキュリティ

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況 世界の軍事用レーザーシステム市場における主要な企業としては、BAE Systems PLC、Coherent Inc.、Elbit Systems Ltd.、Lockheed Martin Corporation、MKS Instruments Inc.、Northrop Grumman Corporation、Rafael Advanced Defense Systems Limited、Raytheon Technologies Corporation、Thales Group、The Boeing Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]