航空貨物輸送市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

世界の航空貨物輸送市場は、2020年に約4,400万トンの規模に達しました。航空貨物輸送とは、メーカーと様々な輸送サービスの間で企業が仲介役となり、商品を最終流通地点まで輸送するプロセスです。航空貨物輸送には、倉庫管理、貨物スペースの予約、貨物の混載、運賃交渉、内陸輸送の追跡、保険請求、出荷・輸出書類の作成、商品の梱包・ラベル付け、積み込み・通関・保安手続きの集中管理などの業務が含まれます。その結果、電子機器、自動車部品、小売製品、宝飾品、ヘルスケア製品など、生鮮品や非生鮮品の配送に利用されています。

市場の動向

国際貿易の拡大に伴い、サプライチェーンのプロセスを容易にし、企業が本来の事業活動に集中できるようにするため、航空貨物輸送の需要が高まっています。また、家電製品やファッショナブルな衣料品のオンライン販売が増加していることから、国境を越えた電子商取引活動を効率的に管理するために、中小企業の間で航空貨物輸送の導入が進んでいます。また、市場関係者は、電子商取引企業の輸送ニーズを満たすために、カスタマイズされたソリューションを提供しています。さらに、自動車製品、医療機器、農産物、水産物などの需要増により、企業間(B2B)の輸送が増加しており、これが市場の成長を後押ししています。しかし、コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を抑制するために各国の政府機関が課した渡航禁止やその他の関連規制は、世界中の航空貨物や物流サービスにマイナスの影響を与えています。今後、2021年から2026年にかけて、世界の航空貨物輸送市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

世界の航空貨物輸送市場は、タイプ、サービスタイプ、最終利用産業に基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

・フルチャーター

・スプリットチャーター

サービスタイプ別の市場構成

・パッケージングとラベリング

・ドキュメントとPOマネジメント

・チャーターサービス

・輸送・倉庫管理

・その他

最終利用産業別の市場構成

・小売・FMCG

・製造業

・コンシューマー・アプライアンス

・ヘルスケア

・その他

市場の競合状況

世界の航空貨物輸送市場における主要な企業としては、Bolloré Logistics、CEVA Logistics AG (CMA CGM S.A.)、Deutsche Post AG、DSV Panalpina A/S、Expeditors International、Hellmann Worldwide Logistics、Kuehne Nagel International AG、Nippon Express、Sinotrans Limited、UPS Supply Chain Solutionsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]