核酸検査市場、2021年から2026年にかけて約8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の核酸検査市場は、2020年に27億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約8%のCAGRで成長すると予想されています。

核酸検査(NAT)とは、患者の血液、組織、尿などに含まれるウイルス、細菌、病原性核酸をスクリーニングするための分子技術を指します。核酸検査は、法医学的検査や輸血感染症、遺伝性疾患、癌の診断などに用いられます。サンプルをプールし、核酸(NA)の抽出、ターゲットNAの増幅、ターゲットアンプリコンNAの検出を行います。検査には、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、鎖置換増幅(SDA)、リガーゼ連鎖反応(LCR)、転写増幅(TMA)、NA配列ベース増幅(NASBA)を行うためのキットや消耗品が含まれます。NATは、目に見える症状のない疾患の同定や、誤った反応性解釈の解決にも用いられます。

市場の動向

世界的に細菌やウイルスによる感染症が増加していることは、市場の成長を促す重要な要因の一つです。また、高度な診断システムへの需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生により、抗原を検出するためのNATソリューションの需要も高まっています。NATは、感染症の効果的な管理や感染源の正確な特定のために広く使用されています。また、シグナルおよびプローブ増幅システムなどの新しい生物学的診断技術の開発など、さまざまな技術的進歩も市場成長を促す要因となっています。これらの革新的な技術は、病気の早期発見を助け、ウイルスの感染期間を最小限に抑えることができます。また、広範な研究開発活動や医療インフラの整備など、その他の要因も市場をさらに押し上げる要因となることが予想されます。

主要な市場区分

世界の核酸検査市場は、製品タイプ、技術、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・機器

・試薬・消耗品

技術別の市場区分

・TMA- 転写を介した増幅法

・PCR- ポリメラーゼ連鎖反応

・LCR- リガーゼ連鎖反応

・SDA- 鎖置換増幅法

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院・診療所

・病理学研究所

・研究機関

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の核酸検査市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、Agilent Technologies、Becton, Dickinson and Company、Bio-Rad Laboratories Inc.、Danaher Corporation、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、Illumina Inc.、Merck KGaA、Siemens Healthcare、Tecan Group AG、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]