DC電源市場、2021年から2026年にかけて4.8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

DC電源の世界市場は、2020年に約4億米ドル規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は4.8%のCAGRで成長すると予測されています。

DC(Direct Current)電源とは、電子モジュールに一定の安定した電源を供給するための組み込み回路のことです。一般的には、スイッチング電源とリニア電源の2つの形態があります。スイッチング電源は、小型・軽量で電力効率が高く、低・中・高出力の機器に効率よく使用できます。リニア電源は、大型のトランスを使用して電圧を交流に落とし、それを直流電圧に変換します。DC電源は、入力関連の問題を最小限に抑えて電源のオン/オフを再現できることや、読み出しの精度が高いことなど、さまざまなメリットがあり、外部のメーターやシャント、リレー、スイッチングキャリブレーションが不要になります。

市場の動向

家庭用電化製品におけるエネルギー効率の高い電源への需要の高まりや、世界的な産業オートメーション化の進展は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。さらに、航空宇宙、防衛、通信などの業界で無線通信システムが広く採用されていることも、市場の成長を後押ししています。産業用機器の電子システムでは、変動に対して安定した正確な電圧供給が求められるため、DC電源の必要性が高まっています。また、自動車のバッテリー、燃料電池、充電ステーション、オンボードチャージャー、デジタルインターフェースのテストにも使用されています。さらに、電子機器とIoT(Internet of Things)の融合など、さまざまな技術的進歩も成長を促す要因となっています。ノートパソコン、スマートフォン、タブレットなどの様々な機器は、一定の電圧を維持するためにDC電源に依存しており、そのために需要が促進されています。また、プログラマブルなDC電源の開発や、ITインフラの大幅な改善など、その他の要因も市場をさらに押し上げる要因となることが予想されます。

主要な市場区分

世界のDC電源市場は、製品タイプ別、出力電力別、用途別、地域別に分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・AC-DC

・DC-DC

出力電力別の市場区分

・低出力 (10kW未満)

・中出力 (10-100 kW)

・高出力 (100kW以上)

用途別の市場区分

・軍事・航空宇宙・防衛

・自動車

・エネルギー

・テレコミュニケーション

・ヘルスケア

・コンシューマーエレクトロニクス

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のDC電源市場における主要な企業としては、Acopian Technical Company、Ametek Inc.、B&K Precision Corporation、Chroma ATE Inc.、Good Will Instrument Co. Ltd.、Keysight Technologies Inc.、Magna-Power Electronics Inc.、MEAN WELL Enterprises Co. Ltd.、Rohde & Schwarz GmbH & Co KG、TDK株式会社、Tektronix Inc. (Fortive Corporation)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]