坑井介入市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の坑井介入市場は、2020年に71億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約4%のCAGRで成長すると予想されています。

坑井介入とは、生産量を増加または回復させるために、油井またはガス井の状態や形状を変更するために行う修復作業のことです。一般的には、ライト・インターベンションとヘビー・インターベンションの2つの方法で行われます。ライト・インターベンションでは、技術者がツールやセンサーを稼働中の坑井に降ろし、坑井の閉塞の可能性を最小限に抑えます。一方、ヘビー・インターベンションでは、リグの乗組員が設備を大幅に変更する前に地層の生産を停止し、坑口やその他の圧力障壁を坑井から取り除き、坑井への完全なアクセスを可能にします。

市場の動向

現在、坑井介入市場は、成熟した油田・ガス田の増加に加え、新興国を中心とした急速な都市化・工業化による石油精製品の需要の高まりを背景に成長しています。また、各国政府が石油・ガスの埋蔵量を増やすために税制優遇措置を講じていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、探鉱・生産活動を改善するための技術的進歩への投資が増加していることも、市場の成長を後押ししています。しかし、コロナウイルス感染症(COVID-19)の突然の発生は、世界の石油・ガス産業に悪影響を及ぼしました。その結果、いくつかの大手企業は、パンデミックの拡大を防ぐために様々な国でロックダウンを実施したため、一時的にサービスを停止しなければなりませんでした。これらの国でロックダウン規制が解除されれば、市場は成長すると予想されます。

主要な市場区分

世界の坑井介入市場は、サービスタイプ、坑井タイプ、用途、地域に基づいて分類されています。

サービスタイプ別の市場区分

・伐採と底穴調査

・チュービング/パッカー障害修復

・刺激

・サンドコントロール

・ゾーンアイソレーション

・人工リフト

・フィッシング

・その他

坑井タイプ別の市場区分

・垂直坑井

・水平坑井

用途別の市場区分

・オンショア

・オフショア

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の坑井介入市場における主要な企業としては、Aker Solutions、Archer Limited、Baker Hughes Company (General Electric)、China Oilfield Services Ltd. (China National Offshore Oil Corporation)、Expro Group、Halliburton Company、Schlumberger Limited、Scientific Drilling International Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]