ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)市場、2021年から2026年にかけて約27%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約27%のCAGRで成長すると予想されています。

ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)とは、再生可能な資源を利用してエネルギー需要を満たすように最適化された建築物を指します。ZEBは、太陽光発電(PV)や地熱発電システムによる受動的な太陽熱吸収を利用して、施設内の温度変化を一日中安定させます。また、建物には高効率の冷暖房機器、電化製品、壁や屋根、窓やドアなどが設置されています。さらに、望ましい断熱性、自然換気、気密性を維持することで、全体的なエネルギー消費と無駄を最小限に抑えています。その結果、これらの建物は、集合住宅、オフィススペース、教育施設、公共施設などに広く利用されています。

市場の動向

世界的に発電用の再生可能資源の利用が増加していることは、市場の成長を促す重要な要因の一つです。また、二酸化炭素の排出を最小限に抑え、持続可能な開発を促進するために、政府が有利な政策や取り組みを実施していることも、市場の成長を後押ししています。例えば、カリフォルニア州公益事業委員会(CPUC)は、長期的な効率化戦略計画を実施し、新しいZEBの建設を促進しています。さらに、革新的なガス給湯器やその他の暖房・換気・空調(HVAC)システムの開発など、さまざまな製品のイノベーションも市場の成長を促す要因となっています。これらのシステムは、低層ビルの室内空気の質と安全性を維持し、危険のない環境を確保するのに役立ちます。その他、広範囲にわたる研究開発活動や、発展途上国を中心とした急速なインフラ整備などの要因が、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界のネット・ゼロ・エネルギー・ビル市場は、提供物、建物タイプ、地域に基づいて分類されています。

提供物別の市場区分

設備

・照明器具

・壁と屋根

・HVACシステム

・その他

ソリューション&サービス

・ソフトウェアソリューション

・設計サービス

・コンサルティングサービス

建物タイプ別の市場区分

・商業施設

・住宅

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のネット・ゼロ・エネルギー・ビル市場における主要な企業としては、Altura Associates LLC、Daikin Industries Ltd.、General Electric Company、Integrated Environmental Solutions Ltd.、Johnson Controls International plc、Kingspan Group Plc、Sage Electrochromics Inc. (Compagnie de Saint-Gobain S.A.)、Schneider Electric、Siemens Aktiengesellschaft、Solatube International Inc.、Sunpower Corporation (Total SE)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]