フォトニックセンサー市場、2021年から2026年にかけて約17%のCAGRで成長見込み

市場の概要

フォトニックセンサーの世界市場は、2020年に133億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約17%のCAGRで成長すると予想されています。

フォトニックセンサーとは、光を遮断して電気信号に変換するデバイスのことです。フォトニックセンサーは、一般的に、光ファイバーやその他の光学部品を使って、光の検出と伝送を統合的に行うために使用されます。また、太陽電池、発光ダイオード(LED)、LIDAR、レーザー誘起蛍光(LIF)、熱量測定、シンチレーション検出、分光分析、生体蛍光検出などにも使用されています。従来から使用されているセンサーと比較して、これらのバリエーションは、コスト効率が高く、コンパクトで、高速かつ軽量です。その結果、航空宇宙・防衛、エネルギー・電力、ヘルスケア、製造業などの分野で、生物学的ハザード、構造的欠陥、セキュリティ上の脅威などの早期発見・警告システムに幅広く利用されています。

市場の動向

世界的に見ても、特に発展途上国での急速な工業化に伴い、安全・安心なソリューションへの需要が高まっていることが、市場を活性化させる主な要因の一つとなっています。フォトニックセンサーは、産業プロセスの自動監視を可能にし、集中管理されたサーバーに正確なデータを収集することができます。また、ワイヤレスセンシング技術の普及が市場の成長を後押ししています。光ファイバー技術の向上に伴い、フォトニックセンサーは、イメージセンサーや照明センサー、レーザー、LEDフラッシュ、その他の電気光学機器の製造に絶大な支持を得ています。さらに、より高性能で多波長の光を発生させることができる高度なフォトニックセンサーの開発など、さまざまな技術的進歩も市場の成長に貢献しています。その他、インダストリー4.0革命の到来や、早期警戒、風速測定、タービン構造の健全性監視など、フォトニックセンサーの導入が進んでいることも、市場をさらに押し上げる要因になると予想されます。

主要な市場区分

世界のフォトニックセンサー市場は、製品タイプ、最終使用産業、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・光ファイバーセンサー

・イメージセンサー

・バイオフォトニックセンサー

・その他

最終使用産業別の市場区分

・航空宇宙・防衛

・運輸業

・製造業

・ヘルスケア

・エネルギー・電力

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のフォトニックセンサー市場における主要な企業としては、A2 Photonic Sensors、Banner Engineering Corp.、Baumer Holding AG、BaySpec Inc.、Honeywell International Inc.、LAP Laser LLC、三菱電機株式会社、Omron Corporation、Prime Photonics LC、Samsung Electronics Co. Ltd.、Smart Fibres Ltd. (Halliburton Company)、株式会社東芝などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]