クラウドITSM市場、2021年から2026年の間に約17%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のクラウドITSM市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間に約17%のCAGRで成長すると予想されています。

クラウドITサービスマネジメント(ITSM)とは、組織のITサービスを設計、実装、提供、サポート、管理するプロセスを指します。クラウドITサービスマネジメントは、ハードウェア、ソフトウェア、コンピューティングリソース、クラウドストレージ、ウェブアプリケーション、モバイルアプリケーション、仮想サーバーなどで構成されています。ITサービスは、予期せぬ出来事や新たな機会、競争上の脅威に対して、迅速かつ機動的にリスクなく対応することができます。さらに、限られたリソースを使用する中堅・中小企業の生産性向上にも貢献します。また、クラウドITSMは、サービスに対する現実的な期待値を設定し、それを満たすことで、透明性とユーザー満足度を向上させることができます。

市場の成長要因

クラウドベースのテクノロジーはコスト効率が高く、様々なソリューションやサービスの展開に役立ちます。それに加えて、企業はデータを効率的かつ効果的に管理することができます。そのため、クラウドITSMの需要は世界的に高まっています。さらに、コロナウイルス(COVID-19)の感染者が急増していることを受けて、各国政府はパンデミックの拡大を最小限に抑えるために、外出禁止令を出したり、社会的距離を置く措置を取ったりしています。そのため、多くの企業ではリモートワークを採用するようになり、それがクラウドITSMの売上を促進しています。また、BYOD(Bring Your Own Device:自分のデバイスを持ち込むこと)の普及により、従業員がどこからでも企業のデータやリソースにアクセスできるようになったことも、高度なITSMソリューションの需要を高めています。さらに、ビッグデータ、ブロックチェーン、機械学習、モノのインターネット(IoT)、予測分析、拡張現実(AI)、仮想現実(VR)などの技術の登場が、今後数年間の市場成長を促進すると予想されています。

主要な市場区分

世界のクラウドITSM市場は、コンポーネント、エンドユーザー、最終用途産業に基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のクラウドITSM市場における主要な企業としては、Axios Systems、BMC Software Inc.、CA Technologies (Broadcom Inc.)、Cherwell Software LLC、Citrix Systems Inc.、Hewlett Packard Enterprise、International Business Machines Corporation (IBM)、Micro Focus International Plc、Microsoft Corporation、Oracle Corporation、ServiceNow、SysAid Technologies Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]