避妊具市場、2021年から2026年の間に6.2%のCAGRで成長見込み

市場の概要

避妊具市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間に6.2%のCAGRで成長すると予想されています。

避妊具とは、妊娠やヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染などの性感染症(STD)を予防するために使用される様々な避妊ツールを指します。一般的に使用されている避妊具には、コンドーム、ダイヤフラム、子宮頸管キャップ、スポンジ、膣リング、皮下埋め込み型、子宮内避妊具(IUD)などがあります。これらの器具は、男性用と女性用にカスタマイズされており、通常、精子を化学的に中和する殺精子剤が入っています。また、ある種の器具は、精子が子宮に接触するのを防ぐ物理的なバリアとして機能し、それによって受精を防ぎ、感染症のリスクを最小限に抑えます。

市場の成長要因

淋病、クラミジア、トリコモナス、B型肝炎、HIV/AIDSなどの性病が世界的に増加していることは、市場の成長を促す重要な要因の一つです。さらに、予期せぬ妊娠を防ぐために利用可能な代替手段に関する消費者の意識が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。また、先進国や発展途上国の政府は、人口管理や性病の蔓延防止のために、特に農村部で効果的な避妊具の使用を奨励するキャンペーンを実施し、意識の向上を図っています。これにより、使いやすく、取り外し可能で、費用対効果の高い避妊具の需要が大幅に増加しています。これに伴い、非ホルモン性の横隔膜の開発など、さまざまな製品イノベーションが市場をさらに牽引すると予想されます。製品メーカーは、より高い有効性と長期使用における副作用の少なさを備えた製品を開発するために、大規模な研究開発活動に投資しています。その他の要因としては、妊娠を遅らせることを望む消費者の増加や、個人の医療費の増加などが市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の避妊具市場は、デバイスタイプ、エンドユーザー、流通チャネルに基づいて分類されています。

デバイスタイプ別の市場構成

・コンドーム

・横隔膜

・子宮頸管キャップ

・スポンジ

・膣リング

・子宮内避妊具(IUD)

・その他

エンドユーザー別の市場構成

・男性

・女性

流通チャネル別の市場構成

・病院薬剤師

・小売薬局

・オンラインストア

・その他

市場の競合状況

世界の避妊具市場における主要な企業としては、Allergan Plc、Bayer Healthcare、Church & Dwight Co. Inc.、Cooper Surgical Inc.、Merck & Co.、Mylan Laboratories、Pfizer Inc.、Reckitt Benckiser、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.、The Female Health Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]