コンテナ型データセンター市場、2021年から2026年の間に約25%のCAGRで成長見込み

市場の概要

コンテナ型データセンター市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間に約25%のCAGRで成長すると予想されています。

コンテナ型データセンターとは、輸送用コンテナの中にあらかじめ設置されたモジュール式のポータブルデータセンターのことです。コンテナ(ポッド)には、サーバー、ラック、電源、暖房、冷房、ネットワーク、ストレージ、コンピューティングデバイスなど、データセンターに必要なすべてのコンポーネントを収容することができます。従来のデータセンターと比較して、最小限の運用スペースで済み、大量のデータトラフィックの管理に役立ち、ユーザーとサーバーの間のキャッシュやデータの集約ポイントとして機能します。その結果、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、通信、情報技術(IT)、防衛、医療、教育など、さまざまな業界で幅広く利用されています。

市場の成長要因

世界的にIT産業が大きく成長していることが、市場の見通しを明るくする主な要因の一つです。企業によるクラウドコンピューティングソリューションの普及に伴い、プラグアンドプレイ機能を備えたポータブルでエネルギー効率の高いデータセンターの需要が大幅に増加しています。これに伴い、エッジコンピューティングやスケーラブルなデータコンピューティングソリューションへの需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、コロナウイルス感染症(COVID-19)の突然の発生により、コンテナ型データセンターをベースにしたデジタルバンキングソリューションの利用がさらに進み、市場関係者に成長の機会を提供しています。また、モノのインターネット(IoT)や災害復旧システムとの統合など、さまざまな技術的進歩も成長を促す要因となっています。企業は、災害の多い地域に保管されているデータを保護し、コアシステムに影響を与えることなく最適なパフォーマンスを確保するために、コンテナ型データセンターを導入しています。その他の要因としては、防衛分野におけるこれらのデータセンターの需要が増加していることや、大規模な研究開発(R&D)活動が市場をさらに押し上げることが予想されます。

主要な市場区分

世界のコンテナ型データセンター市場は、コンテナの種類、組織規模、用途、最終使用産業に基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のコンテナ型データセンター市場における主要な企業としては、Cisco Systems Inc.、Dell Technologies Inc.、Eaton Corporation plc、Hewlett Packard Enterprise Comp、Huawei Technologies Co. Ltd.、International Business Machines Corporation、Johnson Controls、Rittal GmbH & Co. KG(Friedhelm Loh Group)、Schneider Electric SE、ZTE Corporationなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]