クラウドプロフェッショナルサービス市場、2021年から2026年の間に約17%のCAGRで成長見込み

市場の概要

クラウドプロフェッショナルサービス市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間に約17%のCAGRで成長すると予想されています。

クラウドプロフェッショナルサービスは、企業がクラウドベースのインフラを柔軟かつコスト効率よく管理できるために、的を射たガイダンスや技術的専門知識を提供するものです。これらのサービスは、様々なツールやプラクティス、フレームワークを通じて提供され、企業が日常のビジネス活動を簡素化して集中し、生産性を向上させるのに役立ちます。現在、サービスプロバイダーは、製品開発サイクルの迅速化、全体的な運用コストの最小化、製造施設におけるヒューマンエラーの防止を目的とした自動化されたクラウド環境ソリューションを提供しています。

市場の成長要因

ビジネスプロセスのデジタル化への関心の高まりは、ビジネスの敏捷性を高め、機密データやワークロードを保護するために、さまざまな業種でクラウドコンピューティングの利用を促進しています。このことは、世界のクラウドプロフェッショナルサービス市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、製造工程における自動化の進展に伴い、ロボットの導入が進んでいることも、クラウド上にロボットアプリケーションを展開するクラウドプロフェッショナルサービスの需要にプラスの影響を与えています。さらに、サービスプロバイダーは、クラウドプラットフォームと分析ツール、人工知能(AI)、機械学習(ML)、開発・運用(DevOps)を統合し、ハイブリッドクラウド環境を構築しています。これに加えて、変化する市場環境の中で競争力を維持するために、俊敏な情報技術(IT)環境を構築することが重視されるようになったことが、市場の成長を後押ししています。さらに、コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生により、リモートワークモデルの採用が増加していることから、事業継続性を維持するためのクラウドコンピューティングソリューションへの需要が高まっています。これにより、市場の成長が促進されることが予想されます。

主要な市場区分

世界のクラウドプロフェッショナルサービス市場は、サービス、組織規模、展開モデル、最終使用産業に基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のクラウドプロフェッショナルサービス市場における主要な企業としては、Accenture PLC、Amazon Web Services Inc. (Amazon.com, Inc.)、Atos SE、Capgemini SE、Cisco Systems Inc.、Dell Technologies Inc.、富士通株式会社、HCL Technologies Limited、Hewlett Packard Enterprise Company、Infosys Limited、Microsoft Corporation、株式会社NTTデータ(日本電信電話株式会社)、Oracle Corporation、SAP SEなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]